Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「KIZU-傷-」

A・アダムス主演、「ゴーン・ガール」原作者の小説を実写化したドラマが日本初放送

ナタリー

18/10/13(土) 13:06

エイミー・アダムスがTVシリーズ初主演を果たした全8話のドラマ「Sharp Objects」が、「KIZU-傷-」の邦題で本日10月13日からスターチャンネルで独占日本初放送される。

アメリカのケーブルテレビ局・HBOが製作した本作は、「ゴーン・ガール」の原作者として知られるギリアン・フリンのデビュー作で、英国推理作家協会(CWA)の最優秀スリラー賞、最優秀新人賞を受賞した同名小説をドラマ化したミステリー。ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」のジャン=マルク・ヴァレがメガホンを取った。

主人公は南部特有の閉鎖的な文化と過干渉の母親のもとで育った影響で、幼少期から心に深い傷を負い、アルコールに依存している新聞記者カミール・プリーカー。彼女は精神科の病院から退院し、職場復帰してすぐに故郷の小さな町で起きた残忍な連続少女殺人事件の取材を任される。故郷で事件を追っていくうちに、母との長年の確執や自らの忌まわしい過去のトラウマがよみがえり、自身と葛藤しながら事件の真相を追っていく。アダムスがプリーカーを演じ、「メイズ・ランナー」シリーズのパトリシア・クラークソンがプリーカーの母に扮する。プリーカーの少女時代を演じるのは「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」のソフィア・リリス。現在、告知映像がYouTubeにて公開中だ。

KIZU-傷-

スターチャンネル STAR1 2018年10月13日(土)23:45~ほか
※10/13(土)、10/18(木)の放送は無料

(c)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

アプリで読む