Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「竜とそばかすの姫」細田守がカンヌの反応語る、“竜”佐藤健は試写で「え!?」

ナタリー

「竜とそばかすの姫」初日舞台挨拶の様子。左から玉城ティナ、染谷将太、佐藤健、中村佳穂、成田凌、幾田りら。

「竜とそばかすの姫」の初日舞台挨拶が本日7月16日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの中村佳穂 成田凌、染谷将太、玉城ティナ、幾田りら、佐藤健が登壇した。

細田守が監督を務めた本作では、インターネットの仮想世界「U」を舞台に、歌姫の“ベル”というアバターで一躍注目を浴びる高校生すずと、竜の姿をした謎の存在の関係が描かれる。すず / ベルの2役にミュージシャン・中村が抜擢され、成田、染谷、玉城、YOASOBIのikuraとして知られる幾田がすずの同級生に声を当てた。佐藤が竜を演じている。

同じタイミングでアフレコに挑んだという中村と佐藤。中村は「私の友達には佐藤さんの公式LINEに登録している人が多いんです。どんな方かしら?って思っていました。実際お会いすると、私のことを演じる人間として対等に扱ってくださって、横道にそれたボールを真ん中に戻してくれました」と回想し、「佐藤さんが『初めてだから緊張もするだろうし』とおっしゃってくれて、頼もしくて、さらにファンになりました」と信頼を明かす。それを受けた佐藤は「ふふふ」と笑ってから「対等どころか、教えを請いたくなる表現者でした」とたたえ、「歌うようにセリフを言い、語りかけるように歌う。呼吸が歌っているんです。それどうやってやるの?と思っていました」と思い返した。

佐藤は「竜っぽいエフェクトをかけてくれるというお話で、安心材料だったんです。でも試写を観たらエフェクトが外されてまして。え!?って。自分のシーンは冷静に観られなかったです。予告編ではエフェクトがかかっていたので、隠蔽され続けていたんですが……」と裏話を披露する。司会が「監督は『うますぎて、エフェクトをやめた』とおっしゃっていました」と説明すると、佐藤は「どうでしょうね? 諸説あります」と照れながら謙遜した。

仮想世界「U」を舞台にした本作について、染谷は「インターネットは触れられない世界ですが、細田監督の作品は温度がある。没入感がすごくて、ものすごい心を持っていかれました。唯一無二だなってしみじみ思いました」と述懐。玉城は「応援してくれている人への思いはインターネットを通して伝えてきましたし、私の青春の中にもインターネットがありました。中学生の自分にこの作品を観せてあげたいですね」と口にし、幾田は「1つ発信すれば、世界とつながることができる。怖いこともありますが、私自身も何者でもなかったところから、インターネットに歌を投稿したのが(歌手としての)始まりでした」と紹介した。

イベント中盤にはカンヌ国際映画祭が開催されているフランスより細田が生中継で参加。カンヌで行われた本作のワールドプレミアでは14分にも及ぶスタンディングオベーションが起こった。成田が「14分拍手されて、監督はその間何をしていたんですか? 14分って朝ドラ1話分ですよ!」と驚いた様子を見せると会場に笑いが。細田は「海外配給の人やプロデューサーと握手していたんですが、だんだんお客さんと握手するようになりましたね。あんなに長い拍手は初めて。手が痛くなると思うんですが、思いを伝えてくれようとしていて感動しました」と笑顔をこぼした。また細田はカンヌの観客の反応に関し「ベルの歌声、Uのスケールの大きさに感動してくれている一方、染谷くんや玉城さんが演じてくれたシーンでも笑いが起こっていました。感情のささやかな部分まで味わってくれているなと思いました」とコメント。そして「みんなと歩きたかった!」とキャストに愛情たっぷりに声を掛けた。

「竜とそばかすの姫」は全国で公開中。

(c)2021 スタジオ地図

アプリで読む