Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

デヴィッド・バーンとスパイク・リーがコラボ、「アメリカン・ユートピア」5月公開

ナタリー

21/3/10(水) 12:00

「アメリカン・ユートピア」ポスタービジュアル

デヴィッド・バーンが出演し、スパイク・リーが監督を務めた映画「David Byrne's American Utopia」が「アメリカン・ユートピア」の邦題で5月7日より公開される。

本作の原案となったのは、2018年にバーンが発表したアルバム「アメリカン・ユートピア」。同作のワールドツアー後、2019年の秋に始まった舞台版の映像化を考えたバーンがリーに声をかけ、映画化がスタートした。

バーンのライブ映画としては、彼がフロントマンを務めていたトーキング・ヘッズのコンサートをジョナサン・デミが映像化した「ストップ・メイキング・センス」があるが、「アメリカン・ユートピア」はドキュメンタリーではない新たなスタイルの作品になっている。

アルバム「アメリカン・ユートピア」から5曲、トーキング・ヘッズ時代の曲から9曲が選ばれ、計21曲が演奏される本作。字幕監修はブロードキャスターのピーター・バラカンが担当した。YouTubeでは予告編が公開中だ。

映画「アメリカン・ユートピア」は東京・TOHOシネマズ シャンテ、シネクイントほか全国で公開。

(c)2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

アプリで読む