Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「齋藤秀雄メモリアル基金賞」受賞記念コンサート開催 期待のチェリスト伊藤悠貴は要チェック!

ぴあ

21/3/23(火) 12:00

伊藤悠貴 (C)Hideki Shiozawa

優れた若手音楽家を支援する「齋藤秀雄メモリアル基金賞」チェロ部門の第17回(2018年度)受賞記念コンサートが開催される(3月25日:上野学園 石橋メモリアルホール)。

「齋藤秀雄メモリアル基金賞」は、チェリスト・指揮者・教育者として高名な故・斎藤秀雄氏に因んで2002年に創設され、毎年、将来一層の活躍が期待される才能豊かな若手チェリスト、指揮者を顕彰している。

今回のコンサートでは、伊藤悠貴のライフワークである作品の数々を散りばめた、オール・ラフマニノフ・プログラムが用意され、ピアノの渡邊智道&ハープの中村愛との共演による熱いステージが期待される。期待の若手チェリスト伊藤悠貴のパフォーマンスやいかに!?

公演詳細:https://www.tokyo-harusai.com/program_info/2021_yuki_ito/

渡邊智道
中村愛

「伊藤悠貴(チェロ)/齋藤秀雄メモリアル基金賞 受賞記念コンサート」
【日時・会場】
2021/3/25(木)18:30開演(18:00開場)/上野学園 石橋メモリアルホール
【出演】
チェロ:伊藤悠貴/ピアノ:渡邊智道/ハープ:中村 愛
【曲目】
ラフマニノフ(伊藤悠貴編):
 夕闇は迫り
 ロマンス
 歌劇《アレコ》より「カヴァティーナ」、「若いジプシーのロマンス」
 6つのロマンス op.4
  お願いだ、行かないで
  朝
  夜のしじま
  歌うな、美しい人よ
  ああ、私の畑よ
  昔のことだろうか、友よ
ラフマニノフ:チェロ・ソナタ ト短調 op.19

●伊藤悠貴(チェロ)
15歳で渡英。王立音楽大学在学中にブラームス国際コンクール、ウィンザー祝祭国際弦楽コンクールに優勝。第17回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。これまでにフィルハーモニア管弦楽団、クラーゲンフルト歌劇場管弦楽団、小澤征爾/オザワ祝典合奏団、小林研一郎/読売日本交響楽団など国内外のオーケストラ、V.アシュケナージ、D.ゲリンガスなど世界的奏者と共演を重ね、ロンドンのウィグモア・ホール、ロイヤル・フェスティバル・ホールをはじめ欧州主要都市各地でリサイタルに客演。ラフマニノフ作品、およびイギリス音楽の研究・普及をライフワークとし、CDは「ラフマニノフ:チェロ作品全集」など3枚をリリース。
ロマン主義的精神と技術の復興を標榜し、2020年に雁部一浩(作曲家)、渡邊智道(ピアニスト)と「ロマン派芸術音楽協会」を設立。指揮者、作編曲家、ラジオパーソナリティ、文筆家としても活動し、2013年にロンドンでナイツブリッジ管弦楽団を創設。東京芸術劇場アカデミー講師。使用楽器は日本ヴァイオリンより貸与の1734年製ゴフリラー。

アプリで読む