Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

渋谷で生理用ナプキンのピールオフ広告、CHAI起用 『SPUR』30周年を記念

CINRA.NET

19/10/7(月) 13:20

ファッション誌『SPUR』のピールオフ広告が本日10月7日から東京・渋谷のMAGNET by SHIBUYA109 エントランスイベントスペースに掲出されている。

この広告は集英社が発行する『SPUR』の創刊30周年を記念したもの。キャラクターにはCHAIを起用している。

「JUST BE YOURSELF」をコンセプトに、これまでタブーとして語ることがはばかられてきたという「生理」のイメージを払拭するため、カラフルなオリジナルの生理用ナプキンを貼り付けて掲出する。通行人はナプキンを自分ではがして、持って帰ることが可能だ。掲出期間は10月13日まで。ナプキンは1日2回設置される。限定7400個を予定しており、配布はなくなり次第終了となる。生理用ナプキンのピールオフ広告は日本では初めてとのこと。

五十嵐真奈(『SPUR』編集長)のコメント

現在、ファッションでも社会でも、多様性が尊重される時代になりました。「SPUR」でも、個性や自分らしさを応援する特集を積極的に組んできました。その想いが“JUST BE YOURSELF”に集約されています。さらにこの想いを掘り下げて考えたとき、今までの考えや社会の仕組みが刷新されている今こそ、ひとりひとりが自分の体についてもっと知り、体の声を聞く必要があるのではないか?と気づいたのです。

ここ数年の間で、小山健さんのマンガ『生理ちゃん』や映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』など、生理をタブー視しない作品や取組が話題になってきており、生理や自分の体について知る・語る土台が築かれつつあると思います。そういった背景にもかかわらず、「SPUR」読者アンケートで「生理休暇を取得したことがありますか?」という問いに「はい」と答えたのは、わずか22%でした。オープンに生理休暇が取りづらい理由として「生理休暇のシステムがない、あったとしても上司が男性なので取りづらい」「申告するのが恥ずかしい」という声がありました。これは、現代社会の生きづらさの事例の1つだと思います。

また、「機嫌よく暮らそう」と呼び掛けたところで、毎日、絶好調で過ごせない事情ももちろんあるでしょう。人間ですから、体のバイオリズムだって、無視できません。人の着こなしや性格に、人の数と同じだけの個性があるように、生理にも個性があります。誰もが自分らしさを表現できるファッション、スタイルを愛して自由に楽しむことは、周りの人たちの「幸せ」の始まりになるかもしれない。その願いを込めて、女性のバイオリズムに伴う「生理ナプキン」を、今までにはなかったようなデザインに包んで、あらゆる人の目に触れる可能性のある場所に掲出し、自分や他者の体に考えるきっかけをつくれたら、と思いました。

アプリで読む