Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『まだ結婚できない男』阿部寛が恋愛に前のめり? 結婚は“出会いをモノにできるか”が重要に

リアルサウンド

19/10/16(水) 6:10

 13年前に人気を博したドラマ『結婚できない男』の続編『まだ結婚できない男』(カンテレ・フジテレビ系)。前作から月日は流れ、時代は令和を迎えたが主人公の“結婚できない男”桑野信介(阿部寛)は現在53歳、相変わらず独身を貫いている。

参考:『まだ結婚できない男』阿部寛演じる桑野が“まだ結婚できない”ワケ 面倒臭すぎる生態をシビアに分析

 第2話では「婚活アプリ」が登場し、現代ならではの「出会いの形」「出会い方」が取り上げられていた。英治(塚本高史)が桑野のプロフィールでひそかに婚活アプリに登録。そのことを知った桑野はスタッフの前ではアカウントを削除すると言いながらも、自分のプロフィールを見た女性会員からのメッセージが一気に届き満更でもないご様子。その中で「一人に疲れました」と哀愁漂うメールを送ってきた、ヨガのインストラクターの女性に何かシンパシーを感じる。うっかり婚活アプリ上で女性とやり取りしているのを事務所スタッフに知られてしまい、弁護士のまどか(吉田羊)、有希江(稲森いずみ)の勧めもあって実際に会ってみる運びになる。

 待ち合わせ場所のホテルのラウンジで、緊張した面持ちで相手の登場を待ち構えていた桑野の元に歩み寄ってきたのはなんと強面の警官だった。どうやらこのホテルのラウンジでお見合い相手を待つ女性を狙った卑劣な犯罪が横行しているらしく、その容疑者男性と桑野の風貌がそっくりだったという。

 結局、そのヨガインストラクターとは会えず仕舞いの桑野だったが、お詫びのメールを入れたところ、実は女性側も待ち合わせ場所には行っていないことがわかる。アプリ上で出会った別の男性からプロポーズを受け晴れて結婚することになったようだ。

 巡り合わせやタイミングについて珍しくもの思いに耽っているかに見えた桑野。その夜、時を同じくして毎晩帰り道に立ち寄るペットショップで眺めていたパグのゲージが空っぽに。店員によるとついに飼い主が見つかり引き取られたと言うのだった。

 ここにきてまどかが出会いに関して提唱していた「散歩理論」が効いてくる。「結婚って登る山を決めて登山するのとは訳が違って、散歩と一緒。思いのままに歩くだけ、それが楽しかったり、新たな発見があったりする。理想の相手と出会うのも結局は“たまたま”で、散歩ってナビを付けてするもんじゃない。偶然の出会いをどれだけ大切にできるか」

 もちろん「出会い」を求めることも大切だが、婚活アプリなどである意味、出会いの形も多岐にわたり出会いやすくはなっている昨今。それよりもむしろ、いかにして「出会いをモノにできるか」が大切だとも言えるかもしれない。さらに言えば、改まって「出会い」と意識せずとも日常の触れ合いや一期一会の中にこそ潜んでいるかもしれない「可能性」を見過ごさず、見捨てず、丁寧に育んでいけるかにももう少し目を向けてみてもいいのかもしれない。

 ようやく重い腰を上げて行動した桑野だが、なんだか空回り気味なのは否めない。ただ、今回の件で単に行動するだけではなく、本当に欲しいものには自ら手を伸ばさなければならないことを少しは学べたはずである。

 そんな桑野は晴れてバツイチとなった有希江のことが少し気になるらしい。また、隣の部屋に引っ越してきた早紀(深川麻衣)が女優業にチャレンジ中のタレントであることも発覚。桑野が一度は見過ごしてしまったパグとの一期一会だが、今度はそのパグが2人を近づけるきっかけになるのか。徐々に恋愛に前のめりになってはきている桑野にどんな変化が起こるのか引き続き気長に見守っていきたいところだ。

■楳田 佳香
元出版社勤務。現在都内OL時々ライター業。三度の飯より映画・ドラマが好きで2018年の劇場鑑賞映画本数は96本。

アプリで読む