Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「仮面ライダージオウ × 仮面ライダービルド バトンタッチ!平成仮面ライダー20作品記念フェスティバル」スペシャル前夜祭の様子。

仮面ライダービルドからジオウへバトンパス、犬飼貴丈「プロの背中をしっかり見て」

ナタリー

18/8/24(金) 19:09

「仮面ライダージオウ × 仮面ライダービルド バトンタッチ!平成仮面ライダー20作品記念フェスティバル」のスペシャル前夜祭が、本日8月24日に東京・ベルサール秋葉原にて開催され、犬飼貴丈、赤楚衛二、武田航平、奥野壮が登壇した。

まずステージには、8月26日に最終回の放送を控える「仮面ライダービルド」より桐生戦兎 / 仮面ライダービルド役の犬飼、万丈龍我 / 仮面ライダークローズ役の赤楚、猿渡一海 / 仮面ライダーグリス役の武田が登場。自身にとって「ビルド」はどんな作品だったかという質問に、犬飼は「仮面ライダーのことをすべて教えてくれたので、僕をビルドしてくれた作品ですね」と答えて観客をうならせる。司会に「うまいこと言いますね」と言われた犬飼は「あざまーす!」とやけに明るく応じた。

同じ質問に赤楚は「1年間同じ役を演じることはなかなかないので、宝物のような作品。オフの時間を考えるとあっという間でしたが、撮影所にいた時間を考えると長かった」と回答。武田から大げさに「うまいこと言いますねえ」と言われると、「ありがとうございまーす! いや、うまくもないですよ」と照れる。第47話で消滅するシーンを演じた武田は「3号ライダーとしていい最期を迎えられた。僕は2度仮面ライダーをやらせていただいていますが、前回(『仮面ライダーキバ』での紅音也役)を超えることができたのかなと。まさに心火を燃やして散ることができたかな」と心境を明かす。そして3人で「よいしょー!」「うまいこと言いますね!」「ありがとうございまーす!」と盛り上がっていた。

思い入れの深い「ビルド」のシーンを聞かれると、赤楚は「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」での戦兎との同時変身を挙げる。30テイク以上失敗を重ねたという赤楚は「ベルトにうまく入らなくて、OKテイクでは足がもたついてしまった」と不格好な変身ポーズを再現。同じ質問に武田は、青羽を消滅させてしまったことに動揺する戦兎のシーンをはじめ、犬飼と赤楚の芝居ばかりを絶賛。自分の話をしないことを心配されると「僕なんかいいんですよ、3号ですから! この2人がカッコいい双璧をなしていたので、僕とヒゲ(水上剣星)は30代ライダーとして若い2人をサポートできればと思っていたんです」と謙遜するが、「……と言いつつ、いい死に方させてもらったので(笑)」といたずらな笑みを浮かべた。

そして最終回の見どころを問われた赤楚は「公式ホームページの写真に写っている僕が、はたして万丈なのか?ということがポイント」と言及。そして犬飼は「物語の終わり方がすごく美しいというか、僕は好きで。台本を読んだときに鳥肌が立った」とファンの期待を煽った。

ここで9月2日より放送スタートとなる新シリーズ「仮面ライダージオウ」常磐ソウゴ / 仮面ライダージオウ役の奥野がステージへ。奥野へバトンを渡した犬飼は「僕も去年、(『仮面ライダーエグゼイド』の)飯島(寛騎)からバトンを受け取りました。もらったときはただのバトンに見えたんですけど、1年経って渡してみると1年間の重みが詰まっている」としみじみ語る。そして奥野は、「ジオウ」本編での犬飼と赤楚との共演を「同時変身の息がぴったりで。1テイクで成功していて、これが1年の壁なのかと感じました」と回想。すると武田が「大丈夫、こんな感じになってたから」と先ほどの赤楚の奇妙な変身を再現して笑いを起こした。

続いて奥野へのアドバイスを求められた「ビルド」キャスト。武田は「(『キバ』の)10年前はわからなかったけど最近わかったのは、プライベートでもヒーローらしく振る舞うこと」と、赤楚は「常磐ソウゴを演じられるのはあなたしかいないので、お体を大事にしてください」と、犬飼は「スタッフさんや監督さん、関わってくれる人は誰1人妥協しない。プロフェッショナルな人たちの背中をしっかりと見てほしい」と声をかけた。

終盤には奥野がジオウの変身アイテム「ジクウドライバー」と「ライドウォッチ」を紹介し、自ら変身ポーズを披露。ビルド、クローズだけでなく、グリスのライドウォッチも商品化されるというアナウンスを聞いて、武田は「俺、知らなくて(笑)。ほかの2人しか『ジオウ』には出てないのに、物だけ売られるっていうのはちょっと寂しいような……。出番を楽しみに待ってます。王様、お願いします!」と“王様”を目指すソウゴ役の奥野に頭を下げた。そして最後の挨拶では、犬飼が「仮面ライダーシリーズを、引き続き応援よろしくお願いします。仮面ライダーは永久に不滅ですので、ずっと観ていられる作品だと思います」とファンに語りかけた。

「仮面ライダージオウ × 仮面ライダービルド バトンタッチ!平成仮面ライダー20作品記念フェスティバル」は、8月25日と26日に開催。ジオウやビルドが登場するヒーローショーとハイタッチ会、おもちゃの展示、先行物販、そしてキャストのトークショーなどが実施される。

アプリで読む