Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

今江大地が重婚隠す運転手演じる「ラン・フォー・ユア・ワイフ」幕開け

ナタリー

21/4/8(木) 13:20

SHY BOYプロデュース「ラン・フォー・ユア・ワイフ」出演者

関西ジャニーズJr.の今江大地、河下楽らが出演する「ラン・フォー・ユア・ワイフ」が、昨日4月7日に東京・オルタナティブシアターで開幕した。

本作は海外戯曲を上演するユニット・SHY BOYプロデュースの第3回公演。今回は、イギリスの劇作家レイ・クーニーによるコメディ「ラン・フォー・ユア・ワイフ」を、野坂実の演出で立ち上げる。

劇中では、2人の妻との重婚生活を隠し通そうとするタクシードライバーのジョンを主軸とした物語が展開。今江はジョン役、河下はジョンの妻と同じアパートに住むスタンリー役を演じる。このほかの出演者には流れ星のちゅうえい、新垣里沙、緒月遠麻、WAHAHA本舗の我善導、津山直紀、30-DELUXの清水順二が名を連ねた。

初日に先駆けて行われたゲネプロ後には、キャストがあいさつした。今江は「とても緊張していたのですが、楽しんで演じることができました!」と清々しい表情を浮かべ、今回が初舞台となる河下は「初めて(出演の)話を聞いたときは信じられなくて何度も聞き返してしまいました。絶対に失敗できないという気持ちです」と意気込みを語る。

演劇公演には初出演となる、ちゅうえいは「胸いっぱい、頭いっぱいいっぱい!」とコメントして笑いを誘い、我はちゅうえいに「好き放題やっちゃってください!」とアドバイス。また新垣は「笑うことが少なくなってしまった今、精一杯笑いをお届けしたいと思います」と話し、劇中でジョンに翻弄される役どころの緒月は「落ち着いて演じたいと思います」と抱負を述べる。さらに津山は「初めてお客様の反応を観ることができてうれしい」と喜びをのぞかせ、清水は「ようやくここまで来た、という気持ちです。スタッフ・キャスト全員で1つになって作り上げた公演だと感じます」と胸中を明かした。

公演は4月14日までオルタナティブシアター、23日から25日まで愛知・ウインクあいち(愛知県産業労働センター)、27・28日に大阪・サンケイホールブリーゼにて。

SHY BOYプロデュース「ラン・フォー・ユア・ワイフ」

2021年4月7日(水)~14日(水)
東京都 オルタナティブシアター

2021年4月23日(金)~25日(日)
愛知県 ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

2021年4月27日(火)・28日(水)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

脚本:レイ・クーニー
翻訳:小田島雄志、小田島恒志
演出:野坂実

キャスト

ジョン・スミス:今江大地
スタンリー・ガードナー:河下楽
ボビー・フランクリン:ちゅうえい
メアリー・スミス:新垣里沙
バーバラ・スミス:緒月遠麻
ポーターハウス警部:我善導
新聞記者:津山直紀

トラウトン警部:清水順二

アプリで読む