Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ろりえ 第12回公演「ミセスダイヤモンド」より。(撮影:飯田奈海)

“アラサー女子”と“応援したい男子”に贈る、ろりえ「ミセスダイヤモンド」開幕

ナタリー

18/12/20(木) 17:57

ろりえ「ミセスダイヤモンド」が、昨日12月19日に東京・駅前劇場で開幕した。

本作は、“汗と涙と青アザのアラサースポ根演劇”をキャチコピーに掲げた、ろりえにとって約1年ぶりとなる本公演。元ソフトボール部のななせ(岩井七世)、かな子(斎藤加奈子)、みのり(徳橋みのり)は、ビッグカメラ下北沢駅前店で働く中学校からの同級生。ある日、社長の気まぐれで社会人ソフトボールチームが設立されることになり……。

脚本・演出の奥山雄太は初日を終え、「アラサーという言葉はネガティブな意味で使われがちですが、この作品に登場する女性たちが全力で駆け抜ける姿を見れば、きっとアラサーが楽しみになるはずです。全てのアラサー女子と、それを応援したい優しい男子に」と観客にメッセージを送っている。上演時間は約2時間25分。公演は12月23日まで

奥山雄太コメント

ろりえ「ミセスダイヤモンド」が開幕しました。
本作は、架空の女子ソフトボールチーム「ビッグカメラ下北沢駅前店ベリービッグベアーズ」の奮闘を描いた、“アラサースポ根演劇”です。
ろりえらしい笑いをふんだんに散りばめて、アラサー女子たちが本気でソフトボールに挑む姿を描きます。
アラサーという言葉はネガティブな意味で使われがちですが、この作品に登場する女性たちが全力で駆け抜ける姿を見れば、きっとアラサーが楽しみになるはずです。
全てのアラサー女子と、それを応援したい優しい男子に。
冬だけど、熱くなれます。

ろりえ 第12回公演「ミセスダイヤモンド」

2018年12月19日(水)~23日(日・祝)
東京都 駅前劇場

脚本・演出:奥山雄太
劇中歌:ながしまみのり、ウクレレ高円寺
出演:徳橋みのり、斎藤加奈子、奥山雄太 / 岩井七世、秋乃ゆに、安藤理樹、岩田恵里、うなぎひまわり、尾倉ケント、小見美幸、加藤夏子、鈴木研、高木健、高橋胡桃、中嶋海央、廣川真菜美、森崎健吾、山本周平
ウグイス嬢:梅舟惟永
売り子:志水衿子

アプリで読む