Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

山崎貴が「レミニセンス」を絶賛「アメリカ人より日本人のほうが好きな気がする」

ナタリー

「レミニセンス」ポスタービジュアル

「レミニセンス」を映画監督の山崎貴が語るインタビュー映像がYouTubeで公開された。

人の記憶を360°の空間映像として再現し、事件を解決する“記憶潜入(レミニセンス)エージェント”の活躍が描かれる本作。ヒュー・ジャックマン演じる主人公ニックが、凶悪事件の鍵を握る女性メイを追ううちに陰謀へ巻き込まれていく。クリストファー・ノーランの弟ジョナサン・ノーランがプロデューサーとして参加し、リサ・ジョイが監督を務めた。

インタビューで、山崎は「『観てくれ!』としか言いようがない」「考察する映画っていう意味でいうと、アメリカ人より日本人のほうが好きな気がする」と本作について語っている。

「レミニセンス」は9月17日に公開。

(c)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

アプリで読む