Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ラフトボール2019」チラシ表

いいへんじ、スペースノットブランク、東京夜光が短編上演「ラフトボール2019」

ナタリー

19/7/30(火) 12:03

「ラフトボール2019」が、8月7日から11日まで東京・RAFTで上演される。

オルタナティブスペース・RAFTを会場とする本企画は、観客とアーティストが自由に表現を楽しめる場所を作ることを目指したショーケースプログラム。本企画では3団体が30分程度の短編をそれぞれ披露し、今回はいいへんじが中島梓織の作・演出で「健康観察」、スペースノットブランクが小野彩加、中澤陽の演出で「緑のカラー」、東京夜光が川名幸宏の作・演出で「どこかへ」を上演する。なおこの3団体は、いずれも東京・本多劇場の若手支援企画「下北ウェーブ2018」に選出されていた。

8月11日17:30回の終演後には、演劇ジャーナリスト・徳永京子と各団体代表により、1時間程度のポストパフォーマンストークが行われる。

「ラフトボール2019」

2019年8月7日(水)~11日(日・祝)
東京都 RAFT

いいへんじ「健康観察」

作・演出:中島梓織
出演:松浦みる

スペースノットブランク「緑のカラー」

演出:小野彩加、中澤陽
出演:河井朗、近藤千紘

東京夜光「どこかへ」

作・演出:川名幸宏
出演:丸山港都、東澤有香
演奏:道塚なな

アプリで読む