Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

I Don’t Like Mondays.が語る、流行と普遍が共存するサウンドの妙「まだ思い描く音に届いてない」

リアルサウンド

19/7/31(水) 18:00

 I Don’t Like Mondays.が7月31日、新曲「DIAMOND」を配信リリースした(MVは31日21時にYouTubeプレミア公開)。今年4月から6月にかけて3カ月連続で発表された「Do Ya?」「Zero Gravity」「Up to U」に続く「DIAMOND」は、R&B、エレクトロ、ロックなどを融合させたサウンドメイク、YU曰く「バンド結成当初のことを思い出しながら書いた」という歌詞を含めて、アイドラのスタンスを改めて示す楽曲になっている。

I Don’t Like Mondays. / DIAMOND

 8月21日には3年ぶりのフルアルバム『FUTURE』をリリース、9月からは全国ツアーがスタート。メジャーデビューから5年が経ち、“時代が追い付いた”というクリシェを使いたくなるほどの充実ぶりを感じさせるメンバーに現在のバンドの状態について聞いた。(森朋之)

「DIAMOND」の裏テーマは“再出発”

ーーニューアルバム『FUTURE』の先行トラック「DIAMOND」がリリースされます。「Do Ya?」「Zero Gravity」「Up to U」そして「DIAMOND」と新曲の配信が続いていますが、まず、前作アルバム『FASHION』(2016年9月)から現在に至るプロセスについて教えてもらえますか?

CHOJI(Gt):ツアーは2回やりましたね。

SHUKI(Dr):『FASHION』のツアーのあとは、イベントや対バンライブが続いていて。

ーー昨年の秋に行われた全国ツアーは、約2年ぶりのワンマンツアーでした。

KENJI(Ba):そうですね。制作もずっと続けていて。以前は「制作した曲は必ず収録する」というやり方だったんですけど、この3年の間にスタイルが変わって、まずはデモ音源を作るようになったんです。そのなかから曲を選んで、スタッフの意見を取り入れながらブラッシュアップして。そのときにやりたいことを落とし込みながら、少しずつ曲を作ってきた感じですね。

KENJI:「Up to U」も1年半か2年くらい前にデモを作ったんですよ。

CHOJI:曲もたまってるし、ずっと進化していると思います。年齢も大人になってきて、サウンドも洗練されてきたのかなって。

I Don’t Like Mondays. / Up to U

ーー今回リリースされる「DIAMOND」は、約3年ぶりとなるフルアルバム『FUTURE』のリードトラック。この曲を先行配信したのはどうしてですか?

KENJI:「DIAMOND」もけっこう前からあったんですよ。いくつか候補があるなかで、この曲がいちばん食いつきがいいというか、「まずこの曲を出したい」という意見が多くて。自分たちがやりたいスタイルもわかってもらえると思うし、ライブで伝わる速さも含めて、この曲をリードにしようと。サビから始まるし、(曲の良し悪しを)早めに判断するリスナーにも聴いてもらえるんじゃないかなって。

YU(Vo):僕自身せっかちなんで(笑)、最初から掴まれないと、全部聴かなかったりするんですよ。

SHUKI:音の良さも大事ですよね。

KENJI:最初のキックの音とかね。

YU:うん。いまの時代はゆっくり腰を据えて音楽を聴くことが少ないし、シャッフルやプレイリストで聴く人も多いだろうから、すぐに「いい曲」と思ってもらわないと。「DIAMOND」は掴みがいいし、アルバムのリードにぴったりだなと。アイドラっぽさもすごくあるし、この曲をアルバムに入れるのは満場一致でした。

ーー現在の音楽の聴かれ方を意識したセレクトなんですね。歌詞に関しては?

YU:リード曲になることが決まってから書き始めたので、かなり悩みました。いろいろ考えたんですけど、レコード会社を移籍したタイミングでもあるし、“再出発”をテーマにしてみたいなと。それはアルバムの裏テーマでもあるんですよ。「DIAMOND」の歌詞はいろんな捉え方ができるように書いているし、ラブソングにも聴こえるんですけど、僕のなかではバンドを始めたときのことを歌っていて。最初は4人だけだったんですよ、ほんとに。スタッフもファンもいないし、どういう反応があるかもわからない状態で曲を作り始めて、ライブをやって。たとえばの話ですけど、「クソだね」と言われたとしても、「その言葉を糧にしてがんばろう」と思っていたというか。

KENJI:バンドのメンバー以前に仲間っていう感じでしたからね。……エモい話ですね、これ(笑)。

トレンドと普遍性を追求したサウンドメイク

ーー研ぎ澄まされたサウンドメイクも印象的でした。音数を抑えて、ひとつひとつの音がクリアに聴こえるし、エレクトロ感とバンドサウンドのバランスも良くて。

SHUKI:音数を抑えるというか、本当に必要な音だけを選んで、それを精査するというのは以前からのテーマなんですよね。

KENJI:それはデビューしたときから追求していて。参照するのは洋楽の曲が多いんですけど、いいなと思う曲って、シンプルで音がいいんですよね。どうやってそれに近づくかとうのがずっと課題で、それが出来るようになってきたのかなと。

SHUKI:打ち込みと生のドラムのバランスも追求していて。

KENJI:サブベースの使い方とかね。

SHUKI:以前の制作では、マスタリングのときに落ち込むことがあったんですよ。

ーーイメージ通りの音にならなくて?

SHUKI:そうですね(笑)。最近は落ち込みが少なくなってますけど、まだ思い描いている音には届いてないですけどね。

CHOJI:レコーディングをやり直せればいいんですけどね(笑)。海外の売れてるアーティストって、マスタリングが気に入らないと、最初からやり直したりするじゃないですか。

KENJI:僕らにはそんな余裕ないので(笑)。でも、体感の気持ち良さは必要ですからね。

SHUKI:うん。キックの音で曲の印象が決まることもあるので。

KENJI:音もそうだし、フレージングもそうだし。楽器の抜き差しもかなり追求しましたね、今回のアルバムは。

I Don’t Like Mondays. / Do Ya?

ーー生楽器の響きもしっかり活かされていますからね。「Do Ya?」のギターソロもそうですが、ギターの存在感もかなり強くて。

CHOJI:「Do Ya?」のギターソロは、「この部分で弾いてください」ってあけられてたんですよ、もともと。

SHUKI:ギターソロはかなり多いかもしれないですね。

CHOJI:自分ではあまり認識してないんですけど、どうやら弾いてるみたいです(笑)。それがこのバンドの強みだと思っているんですよ。打ち込みもかなり使ってますけど、(ギターの要素を強めることで)バンドらしさが出ているんじゃないかなと。今回のアルバムの制作のなかで、「曲を作ること以前に、自分はギタリストなんだな」という再認識もあって。ギタリストとしての矜持も持っていたいんですよね。

KENJI:「もっとギターをシンプルにしたい」「いや、もっと弾いてほしい」というやり取りも多いんですけどね。俺らはむしろ、「弾いてほしい」と思っていて。

SHUKI:そういう会話はしょっちゅうですね。いま流行っている海外の曲って、ギターが入ってないことが多いじゃないですか。そういうテイストの曲を作ったときも、「ここにどうやってギターを入れる?」という話になるので。「入れない」という選択肢はないんですよ。

CHOJI:いつもチャレンジさせてもらってます(笑)。打ち込みを軸にしたトラックのなかでどうやって生楽器を入れるか? ということに関しても、かなり可能性が見えてきて。アルバム制作の後半は、そのあたりの意識も高まってましたね。

KENJI:うん。ベースに関しても、曲によっては全部シンセベースを使っていたり。ドラムもそうだよね?

SHUKI:そうだね。アルバムの収録曲のうち、大体半分くらいはドラムを叩いてないんですよ。1枚目のフルアルバム(『TOKYO』/2015年)の頃は、「この曲は打ち込み、この曲は生ドラム」ってはっきり自覚していたんだけど、最近はそれほど意識してなくて。生でも打ち込みでも、曲が良くなればそれでいいので。

ーー音楽性の幅もさらに広がっていますよね。70年代〜90年代のブラックミュージックを軸にしながら、新しい要素もたっぷり取り入れていて。

KENJI:方向性を決めないというのが、このバンドのスタイルですからね。トレンドを意識しながら、普遍的なものを目指しているというのかな。いろんなものを自由に取り入れられるのが僕たちのおもしろさだと思うので。

見た目から軽く見られることがある

ーー歌詞に関してはどうですか? 週末のパーティーチューン「Do Ya?」からシリアスなメッセージを込めた「DIAMOND」まで、歌の内容も多岐にわたっていますが。

YU:バンドの音楽性も幅が広くて多面的だしーーメンバーそれぞれのルーツも違うし、それがいろいろな方向で表現されているのでーー僕自身のパーソナリティもひとつではないので、曲から受けたインスピレーションによって、そのときに感じたことを素直に書くようにしていて。最初から「ラブソングにしよう」みたいに決めつけてしまわず、「このサウンドにどういう歌が乗っていると聴きたくなるか?」ということですね。

ーー“月曜日の憂鬱を吹き飛ばす”いうバンド名の由来もそうですが、“楽しむ”も大事なワードですよね?

YU:そうですね。自分から“楽しみたい”と思っていないと楽しめないこともけっこうあるので。バンドも楽しいことばかりではなくて、つらいときや「やりたくない」ということもあるんですけど、それでもこの仕事を選んでいるのは、やっぱり音楽が好きだからだと思うんですよね。どんな状況でも楽しむことを忘れずに乗り越えていけたらいなと。

ーー大人になってくると、楽しむのも大変ですからね。時間を確保すること、体調を維持することも必要だし、多少はお金もいるので……。

KENJI:わかります(笑)。

YU:(笑)。ライブにしても、本当に楽しめるようになったのは最近なんですよ。精一杯すぎて、余裕もなかったので。お互いにもっと楽しめるようにしたいですね。

ーーアルバム『FUTURE』に付いているDVD・Blu-rayには1年間に及ぶドキュメント映像「DOCUMENTARY : I Don’t Like Mondays.」が収録。ツアーの裏側、バンドに対する思いを語っていますが、かなり赤裸々ですよね。

YU:そうですね(笑)。見た目のイメージから「やらされているバンド」みたいに思われることもあるので、どんなことを考えてバンドをやっているのか知ってもらえたらなと。

KENJI:軽く見られることがあるんですよ。

ーーファッションでバンドをやってる、みたいな?

KENJI そうそう(笑)。なのでそれぞれの思いをちゃんと伝えた方がいいっていう……。

SHUKI:デビューしたばかりの頃、メンバーのキャラクターを設定しようか? という話があったんすよ。

CHOJI:あったね(笑)。

SHUKI:でも、「それでうまくいったとしても、ずっと続けてるとつらくならないか?」ということになって(笑)。だったら、もともと持っているものを出したほうがいいだろうなと。

YU:女性と接しているときもそうですけど、素直に自分を出している人は魅力的じゃないですか。ステージで自分の素を出すのは難しいし、どうしてもカッコつけたり、緊張することもあるけど、できるだけ素直に表現したいと思っていて。それがクリエイティブにつながるというのが、僕の考え方なんですよね。キャラ設定をすると、どうしても先が読めてしまうし、続かないと思うんですよ。

ーービリー・アイリッシュもそうですけど、その人自身の背景、キャラクターが前面に出ていることがブレイクの条件なのかも。

YU:そうだと思います。ジャスティン・ビーバーもそうだし。

KENJI:彼はやりすぎだけどね(笑)。

YU:そうだね(笑)。SNSの影響もあるけど、取り繕うとしても隠し切れないと思うんですよね。アイドルにしても、その人自身が伝わらないと人気が出ないし。I Don’t Like Mondays.のメンバーは素がおもしろいし、それはドキュメンタリー映像にも出てると思います。

ーーアルバムのアートワークについても聞かせてください。

YU:フォトグラファーの方に相談したら、クリエイティブディレクターの竹内祥紀さん(元資生堂宣伝・デザイン部クリエイティブディレクター)とスタイリストの島津由行さん(『POPEYE』『CUT』などのファッション撮影の携わっているほか、矢沢永吉、岡村靖幸、忌野清志郎などのスタイリングを担当)を推薦してくれて。『FUTURE』をテーマにして、ジャケットのアートワークを作っていただきました。今回のアルバムには、いろんな時代の音楽が反映されているんですよ。70年代のソウル、80年代のファンク、90年代のヒップホップのエッセンスもあるし、それを自分たちなりに解釈したうえで表現していて。レトロフューチャーじゃないけど、それはアートワークにも出ていると思います。

ーーアルバムリリース後のツアーも楽しみです。

KENJI:配信が続いて、アルバムが出て、ライブもあって。いい流れで来ているし、今年はみなさんに楽しんでもらえると思います。

ーー期待してます! ちなみにみなさんの“FUTURE”のビジョンはどんなものなんですか?

CHOJI:じいさんになるまでやりたいね、とは言ってますけどね。

SHUKI:マインドはThe Rolling Stonesなんで(笑)。U2もそうですけど、ずっとやってるバンドっていいじゃないですか。

YU:おじいちゃんになってもバンドやってるって、カッコいいよねって(笑)。ずっと続けられるように頑張りたいですね。

(取材・文=森朋之/写真=池村隆司)

■リリース情報
「DIAMOND」
7月31日(水)配信リリース
配信はこちら

『FUTURE』
8月21日リリース
¥2,800(税抜き)
CD+DVD ¥4,800(税抜き)
CD+Blu-ray ¥5,800(税抜き)
CD購入はこちら

<収録内容>
◆CD
1. FUTURE (Introduction)
2. DIAMOND
3. DO YA?
4. UP TO U
5. ZERO GRAVITY
6. LEMONADE
7. AITAI
8. A GIRL IN THE CITY
9. PLEASE
10. CALL ME
11. TONIGHT <Future ver>
12. TRY FOR YOU
13. 0:01 (Interlude)
14. FANCY GIRL
15. FIRE <Future ver>

◆DVD & Blu-ray
1. DIAMOND
2. DO YA?
3. ZERO GRAVITY
4. DOCUMENTARY : I Don’t Like Mondays.

■ライブ情報
『I Don’t Like Mondays. “F U T U R E” TOUR』
【愛知】9月22日(日) ボトムライン     17:15 / 18:00
【兵庫】9月28日(土) music zoo KOBE 太陽と虎  17:00 / 17:30
【大阪】9月29日(日) 梅田クラブクアトロ 17:15 / 18:00
【神奈川】10月5日(土) 横浜ベイホール     17:15 / 18:00
【茨城】10月12日(土) 水戸ライトハウス 17:00 / 17:30
【北海道】10月19日(土) 札幌DUCE     17:00 / 17:30
【埼玉】10月27日(日) HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 17:00 / 17:30
【福岡】11月3日(日) 福岡BEAT STATION 17:00 / 17:30
【宮城】11月16日(土) 仙台darwin     17:00 / 17:30
【千葉】11月24日(日) 柏PALOOZA     17:00 / 17:30
【新潟】12月1日(日) 新潟 CLUB RIVERST 17:00 / 17:30
【広島】12月21日(土) 広島CAVE-BE     17:00 / 17:30
【岡山】12月22日(日) CRAZYMAMA 2nd ROOM 17:00 / 17:30
【東京】2020年2月8日(土) TOYOSU PIT 17:00 / 18:00

■I Don’t Like Mondays. 関連リンク
HP
MUSIC
facebook
Instagram
Twitter

アプリで読む