Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「列島制覇」小沢仁志は医者から歌NG?内田英治「想像を絶する下手くそ」

ナタリー

21/4/16(金) 20:32

左から内田英治、真飛聖、小沢仁志、新羅慎二、吉村界人、MCの餅田コシヒカリ。

「列島制覇ー非道のうさぎー」の配信記念舞台挨拶が本日4月16日に東京・スペースFS汐留で行われ、キャストの小沢仁志、新羅慎二、真飛聖、吉村界人、監督の内田英治が登壇した。

内田と中元雄が監督を務めた本作は、極道と合唱道という二足の草鞋を履く男・宇佐木林太郎を主人公とするアウトロードラマ。“非道のうさぎ”と呼ばれ恐れられながらも、15年の服役生活で合唱の魅力に取り憑かれてしまった宇佐木が、出所後に極道稼業と合唱の間で揺れ動くさまが描かれる。宇佐木を小沢が演じ、宇佐木の兄弟分・片岡皇成に湘南乃風の若旦那こと新羅、合唱団うさぎの会のリーダー・みゆきに真飛、うさぎの会のメンバー・拓海に吉村が扮した。

小沢は「このスーツを監督がニコニコして出してきたときから俺は終わってた。こんな格好で舞台挨拶に出てきたのは初めて」と苦笑。新羅が「僕は逆に着たかったです」と述べ、吉村が「僕は好きですよ」と言うと小沢は「つまんねえな」とこぼす。

コメディとバイオレスが融合した本作。小沢は「監督に真っ先に『歌ってもらえますか?』って言われて、俺は『は?』って。車にはねられるのはOKだけど、医者から歌を歌うのはNGって言われてる。おかけで寿命が縮んだよ」とジョークを飛ばし、会場に笑いを起こした。また歌の練習を「思い出すだけで苦痛。学生時代を思い出す」と振り返る小沢だったが、真飛が「湖で撮影した本番は楽しかったですよね」と話すと、「あそこはちょっと感動した」と同意する。そんな小沢を起用した理由を内田は「北野武監督の『3-4x10月』が死ぬほど好きで。一番好きなシーンが小沢さんが出ている場面なので、ご一緒したかったんです」と述懐し、「(小沢は)多少は歌えるだろうと思っていたら、想像を絶する下手くそで……(笑)」とコメントした。

最後に内田は「小沢さんは周りがやめろ!って言っても、階段落ちも1人でやってしまう。小沢さんのすごいアクションと下手くそな歌声の落差を観ていただければ」と、吉村は「全話観たんですが、面白かったです! ぜひ観ていただきたいです」とアピール。また真飛は「観ていると次の回が気になって仕方がない! 1人でも多くの方に楽しんでいただけたら幸せです」と願いを込め、新羅は「バイオレンスとコメディってどうなるのかな?と思っていましたが、うまくミックスできている。監督を尊敬しています」と内田を称賛する。

そして小沢は「久々に思い出深い作品になった。監督に衣装合わせで『小沢仁志はいらない』と言われたので、そことの戦いでした。合唱だけではなく、クセの強い役者たちの芝居も観てもらえたらと思います」と呼びかけ、「今日来ていただいたマスコミの皆さん、リストをあとでもらうので、載っていないところは襲撃に行きます!(笑)」と高らかに宣言し、イベントの幕を引いた。

「列島制覇ー非道のうさぎー」はU-NEXTで配信中。

(c)2021東映ビデオ

アプリで読む