Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

野田秀樹戯曲を熊林弘高が新解釈で演出「パンドラの鐘」出演者に門脇麦・金子大地・柾木玲弥ら

ナタリー

20/12/22(火) 13:22

門脇麦(c)KAYOKO ASAI

「パンドラの鐘」が、4月14日から5月4日まで東京・東京芸術劇場シアターイーストで上演される。

これは、野田秀樹の戯曲「パンドラの鐘」を、熊林弘高が新解釈で演出するもの。門脇麦、金子大地、柾木玲弥、松尾諭、緒川たまきが出演するほか、次代を担う演劇人の育成を目指すプロジェクト・東京演劇道場から木山廉彬、長南洸生、八条院蔵人が参加する。

劇中では、太平洋戦争開戦前夜の長崎を舞台に、王国滅亡の謎が記された巨大な古代の鐘を巡る物語が展開。今回の上演版では、現代と古代の登場人物を、俳優が1人2役で演じる。チケット情報の詳細は続報を待とう。

「パンドラの鐘」

2021年4月14日(水)~5月4日(火・祝)※4月13日(火)にプレビュー公演あり。
東京都 東京芸術劇場シアターイースト

ほか滋賀、兵庫、石川、茨城、愛知公演を予定。

作:野田秀樹
演出:熊林弘高
出演:門脇麦、金子大地、柾木玲弥 / 木山廉彬、長南洸生、八条院蔵人 / 松尾諭、緒川たまき ほか

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む