Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「いい風を感じられる」、新体制の劇プレが届ける「大地からのレラ!」開幕

ナタリー

19/9/29(日) 8:16

劇団プレステージ 第15回本公演「大地からのレラ!」より。

劇団プレステージ「大地からのレラ!」が、昨日9月28日に東京・CBGKシブゲキ!!で開幕した。

これは、今年5月に6名が退団し、12名の新体制となった劇団プレステージの第15回公演。出演者には岩田玲、株元英彰、きづき、小池惟紀、向野章太郎、坂田直貴、秀光、園田玲欧奈、高頭祐樹、長尾卓也、原田新平と、劇団員11名が名を連ねている。

脚本・演出を福島カツシゲが手がける本作では、ニューイヤー駅伝出場を目指す日本酒製造販売会社の選手たちの姿が描かれる。予選直前、エースが骨折し、若手の有望選手は強豪チームに引き抜かれ、監督も姿を消してしまった。選手の大木がギリギリの状態で記録会に臨んでいると、気付けば周囲は荒れ果てた広大な大地となっていて……。

開幕に際し、きづきは「贔屓目なしに、いい作品に仕上がっている実感があります」と手応えを語り、「今回は僕たちをずっと見てきてくれた福島さんが皆に当て書きしてくれたものなので、僕自身胸に響くセリフがたくさんありました。僕らの活動をずっと応援してきてくれた人たちにとっては、よりぐっとくるものがあるんじゃないかと思います」とコメント。また株元は、「今まで応援してきてくれたお客さんにも納得してもらうためには、変わらなければ」と考えていたことを明かし、「個々のメンバーと話したり、ときには全員に向けて演技について話すようにした」と稽古を振り返る。さらに観客へは、「いい風を感じられる作品に仕上がっていると思うので、ぜひ劇場に見に来ていただけたら」とメッセージを送った。上演は10月6日まで。

劇団プレステージ 第15回本公演「大地からのレラ!」

2019年9月28日(土)~10月6日(日)
東京都 CBGKシブゲキ!!

脚本・演出:福島カツシゲ
出演:岩田玲、株元英彰、きづき、小池惟紀、向野章太郎、坂田直貴、秀光、園田玲欧奈、高頭祐樹、長尾卓也、原田新平

※高頭祐樹の「高」ははしご高が正式表記。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む