Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

鳥越裕貴×石丸さち子、吹き溜りの中に咲いた美しい愛を描く「誰でも夢を見るべきだ」

ぴあ

鳥越裕貴×石丸さち子

続きを読む

舞台『いとしの儚』が10月6日(水)に開幕する。鎌倉後期に書かれた「長谷雄草紙」に相を得て書き上げられた、扉座の横内謙介による脚本で、これまでに、扉座劇団公演、パルコ劇場、明治座、韓国などで上演されてきた名作だ。人間のクズで愛することなど知らずに育った男と、その男に育てられた少女の、 滑稽で純粋な愛を描いた物語 。プロデューサーがいつか上演したいと長年温めてきた企画を、6人のキャストで上演する。主人公の鈴次郎を演じる鳥越裕貴と、演出の石丸さち子に話を聞いた。
(※インタビューは稽古開始前に実施されました)

鎌滝さんの視線に儚だなと(鳥越)彼は翻弄されたい(石丸)

ーー脚本を読んでどんなことを感じましたか?

石丸 まず、横内さんの作品だと驚きました。同じ早稲田大学で、卒論の先生が一緒になり、先生に会いにキャンパスを並んで歩いたことがありました。何年もお互いにそれぞれ演劇を生業としてきて、横内さんの作品をやるときが来たんだという面白さが先にありました。こういう形での再会は嬉しいねと、メッセージのやりとりをしました。読んでみた第一印象は、なんてピュアな物語だろうと。作家の力と、作品のもつ独特の叙情と美しさ。賭場の吹き溜りの中に咲いた美しい愛情という、作家が書いた一番本質のところを大切にして、面白くしていきたいなと思います。

ーー鳥越さんは、戯曲を読んでどんなことを感じましたか?

鳥越 自宅でしんみりと読んでいたんですが、最初は本当に、鈴次郎に対して「胸くそ悪いな、こいつ」と思いました。その胸くそ悪さが印象に残っていましたが、最後の純粋に人を愛する綺麗さを知った瞬間に、心が温まるというか。みんながいろいろなことにイライラしたり、ぶつけられない怒りがある中で、この作品を観ていただくことは、今足りていないものを皆さんに提供できるんじゃないかなと感じました。

ーー鈴次郎を演じるうえで、役について思ったことをお聞かせください。

鳥越 僕も基本的に演劇のことしか考えられないという意味での「クズ」なので、鈴次郎にとっての博打が僕にとっての演劇みたいなものですが、本当にそうなると周りが見えなくなるんですよね。いい意味で、その共通点を引っ張りつつ演じたいと思いました。

ーー本来沢山のキャストで上演する作品を、6人のキャストで演出するプレッシャーみたいなものはありますか?

石丸 もちろん正直な話をすると、無理があると思うんです。でも、リスクや制限がかかることから面白い演出が生まれてきたりします。6人でやってみたいという提案を、6人だからこその作品になったという面白さに変えていけるようにプランを練っているところです。

ーーキャスティングの狙いについては、いかがでしょうか。

石丸 儚役にはイメージがものすごく強くありました。儚は、鈴次郎という男のロクでもない生活、欲望が生み出したクリーチャーで、親の背中を見て汚い言葉を覚えたりはしても、世界との出会い方が鮮烈で純粋です。そういう役を演じるには、何も色のついていない本能の強い人を選びたいと思っていました。ネットフリックスの『愛なき森で叫べ』に出ていた女優を観ていいなと思っていたら、なんと出てくれることになりました。鎌滝(恵利)さんは今回が初舞台になりますが、ものすごくまっすぐで、世界に対してためらいのない女の子という印象があり、この作品にはぴったりだと思います。

鳥越 僕がビジュアル撮影をしているときに「何か視線を感じるな」と思ったら、2階の方から「こいつはどういうものなんだ」という鎌滝さんの視線を感じて、この人は本当に儚だなと感じたいうか。生まれたばかりで、何かを得よう、吸収しようとする熱みたいなものを視線だけで感じたときに、これはものすごいことになるだろうし、負けていられないなと思いました。燃えるようなものを強く味わったので、早く稽古をしたくてたまらないです。あとは、石丸さんの熱があればなんとかなるし、その熱を役者魂で超えていきたいです。僕自身もとても向上する作品になりそうだなと感じております。

石丸 儚に翻弄されていく鳥越君が楽しみです。きっと彼は翻弄されたいんです。演出家と女優と二人三脚で鳥越君を翻弄していきたいなと思っています。今まで舞台上で味わったことのない感情を味あわせてあげるつもりで、私は今準備をしていますので(笑)。

鳥越(笑)。

やさぐれている役の方が発見があってしっくりくる(鳥越)

石丸 生きることの最上の喜びは儚くても美しい、そんな物語を、鳥越君と鎌滝さんで生み出してほしいです。そして、その周りの登場人物がものすごく人間的です。魅力的な人物たちを六人で演じ分けようと思っていたのですが、原田優一さんというとんでもない名優と出会えることになったので、みんなの役は少しずつにして、あとは原田さんにキャスティングしました。私よりもサービス精神があるんじゃないかと思われる原田さんと、どんなふうに工夫して、この舞台がおもしろくなっていけるか探りたい。腹を抱えて笑っていただいて、その中にどうしようもなく切なく、夢のような愛の物語が描けるかですね。

山﨑晶吾君は、美容師から演劇の世界に入ってきた人で、最初から演劇だけをやってきた人とは違った魅力がありました。この芝居に関しては、それぞれの人生を重ねて深追いしたほうが面白い芝居になると思うので、山﨑君とはそういう作業をしたいと思っています。全然出自の違う俳優さんを集められたらいいなとも思っていました。今まで出会う機会のなかった久ヶ沢徹さんが、一番人間の本質的な悲しみや慈愛に満ちた心をどういうふうに表現してくれるんだろうかと、ものすごく興味がありました。

『いとしの儚』メインビジュアル

辻本祐樹君とは会って話をしました。2.5次元では、現実から離れた二次元の世界を、今を生きる俳優が演じる独特のリアリティーですが、今回は思い切り3次元に落とし込みます。とは言え、現実そのままだとお客様が引いてしまう。逆に美しい手触りだけでは、鑑賞物として引いて観てしまう。ぐいぐいと揺さぶられたあとに気持ちを昇華できるカタルシスが訪れる、そんな瞬間が尊いんです。

ーー鳥越さんは、他の共演者の方々に関してはいかがですか?

鳥越 鎌滝さんと山﨑さんは初めてご一緒します。優一さんとは撮影のときに会いましたが、僕が仕える身分でしかないような、トップの強さを感じました。すごくいろいろなことを回してくださるんだろうなと思っています。そして、僕的には久ヶ沢さんの鬼がじわじわと来ています。きっと稽古中もずっと好きだろうと思うくらい、愛のある中に鬼としている久ヶ沢さんを見るのがすごく楽しみです。辻本さんとはる・ひまわりさんの作品でも、何度か共演させてもらっているので、また新しい辻本さんが見られるのを、単純にファンとして楽しみにしております。

ーー観客の皆様は、新しい鳥越さんを見られることを楽しみにしていると思います。

鳥越 僕は、見た目も相まって、元気溌剌とか、かわいい感じの役が多いですが、以前演じたときにも、時代物でやさぐれている役の方が、いろいろと発見があってしっくりくるところがありました。とても楽しみです。



複雑な役をやってもらえる(石丸)「石丸さん=愛」(鳥越)

ーーおふたりは、昨年中止になってしまった公演で、一緒に稽古をされたと伺いましたが、お互いの印象はいかがですか?

石丸 そのときは、鳥越君の役は明るくて、バックボーンにいろいろ苦労を抱えている人の友人役でした。今回演じる鈴次郎は、最悪の環境で育って、犯罪を犯し、その先に、夢を見ることを諦めてしまっています。博打に魂を売ってしまい、博打以外の何もかもを失った男が愛を見つけてしまったときに……という物語ですが、こういう複雑な役をやってもらえることが本当に嬉しくて。すごく期待しています。

鳥越 石丸さんの演出作品は、いろいろ観させていただいていますが、やはり「愛」を描く作品から、純粋な気持ちを忘れているかもしれないと、僕も気づいたりするんです。石丸さんが演劇界に5人いれば、今大変なことも全然余裕だと思います。

石丸(笑)。

鳥越 本当に5人欲しいんです。石丸さんのパワーはひとりでもすごい。本当に出会えてよかったなと思います。演出家としても、人間としても、ありがたいです。

ーー石丸さんと、鈴次郎役を作るという意味で、何か思うことはありますか?

鳥越 僕の中で石丸さんとの稽古は「すべて出す」。そして、僕がどれだけこの作品に愛を込められるかで決まってくると思います。「石丸さん=愛」なので、この作品に全力で愛を注ぎます。

ーー具体的な演出について伺えることはありますか?

石丸 六本木の劇場と、江戸時代の吹きだまりがリンクして、お客様の心をくすぐるような美術にしたいと思います。「鬼」と呼ばれる存在が、「今の時代」まで語り継いできた物語。人ならざる生き物が語るからこそ胸に迫る、愛の本質、長い長い時間の人間の物語を描きたいです。そして、どの役にしても、ルーツを考える作業をやりながら立ち上げたい。

博打に取り憑かれた人間たちと鬼を結ぶもの。此岸と彼岸を結ぶ川、その川渡しの存在、彼岸の死者から生まれて此岸に生きる儚。いろいろなものがビジュアルでもうまく表せるといいなと思っています。また、かみむらさんの音楽には、ものすごくわい雑でいながら、洗練された印象を期待しています。清濁あわせのむような。賭場というわい雑な吹き溜りから生まれてくるのに、美しく人の心に凪をもたらすような音楽を目指せればと思っています。

愛していい夢を見ていいと鈴次郎を応援してやってほしい(石丸)

ーー最後に、お客様へメッセージをお願いします。

鳥越 “いとしの儚”石丸さち子さん演出バージョンは、より人間の原点に戻ると思います。人間の不器用さや純粋さが如実に見えてきそうで、その作品に出演できる事が嬉しくてたまりません。どうしようもないクズが何かに気づく瞬間を、自分がこの台本を初めて読んで味わった感覚を、皆様に味わって頂けるよう、稽古に励みます。どうか、劇場で体感して頂きたいです。

石丸 今までもお客様が最後のピースだと信じてやってきましたが、こんなに実感する時代はないです。人間はこんなにわかり合えないものなんだと痛感することが多い現在です。賭場の人間模様もひどいものですが、そんな世界に生まれる、儚くも美しい愛の存在を描きます。

この作品のテーマのひとつは「誰でも夢を見るべきだ」ということです。誰でも夢を見る権利がある。自分の夢のサイズを自分の過去現在で限定しないで、もっといろいろなところに手を伸ばして冒険をしてほしいな、と。夢を見ただけ、自分が手を伸ばす飛距離が遠くなり、また出会いがあって、人生がきっとおもしろくなる。鈴次郎という、もともとは人間味のある存在なのに、人生の道を踏み外して夢を諦めていた男が、儚と出会って、夢を見ることを自分で選ぶ瞬間の美しさ、かけがえのなさに、たどり着きたいと思っています。

だから、お客様にも私たちと一緒に、愛していいんだよ、夢を見ていいんだよと、鈴次郎を応援してやってほしいです。どんな人だってそうやって夢を見ていいんだと応援する気持ちが、ほんの少し自分に跳ね返ってきて、劇場を出たときに、新しい一歩に向けて勇気が出たなと思うようになれば。また、お伝えしたいのは、劇場に足を運んでくださるお客様が、どれだけ私たちに夢と力を与えてくださっているかという感謝です。私たちは舞台で夢を見ていていいんだ、やっていていいんだという勇気を客席からたくさん頂いているので、お客様にその夢や勇気をたくさんお返ししたいんです。

取材・文:岩村美佳



『いとしの儚』
2021年10月6日(水)~10月17日(日)六本木トリコロールシアター
作:横内謙介
演出:石丸さち子
出演:鳥越裕貴 / 鎌滝恵利 / 辻本祐樹 / 中村龍介 / 原田優一 / 久ヶ沢徹
※ソロ政役・山﨑晶吾は体調不良により降板、代役として中村龍介が出演します

チケット情報
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2121737

アプリで読む