Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」公開アフレコに臨むよゐこ。

よゐこが劇場版「七つの大罪」応援隊長に、「優しい部分を消して」ゲスト声優も

ナタリー

18/6/29(金) 18:46

よゐこが映画「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の応援隊長に任命され、昨日6月28日に都内で行われたイベントに出席した。

7人の罪人が結成した伝説の騎士団“七つの大罪”の戦いを描く鈴木央のマンガ「七つの大罪」。テレビアニメ(MBS・TBS系)版も人気を博している。8月18日(土)に全国公開される劇場版は、鈴木が劇場用に描き下ろしたネームをもとにした完全オリジナルストーリー。幻の食材・天空魚を探しに辺境の地へやってきた主人公・メリオダスたちが、天翼人たちの命を狙う魔神族集団“黒の六騎士”と死闘を繰り広げる。

よゐこは「無人島生活でのサバイバル生活を達成した勇敢なイメージがあるだけでなく、コンビ愛が素晴らしいお二人は、仲間を思いやりながら旅を続ける『七つの大罪』のイメージにぴったり」という理由で応援隊長に任命された。さらにゲスト声優として本作に参加しており、濱口は「相当な名誉」と感無量の様子。2人共に原作ファンで、「格別な思いです。自分たちの顔で描いていただいているので」(濱口)、「原作にないキャラクターだったので安心しました」(有野)とそれぞれ感想を述べた。なお2人は、雲の上の世界“天空宮”で暮らす天翼人の兵士に声を当てている。

昨日のイベントでは応援隊長の“初任務”として公開アフレコに挑戦。その後のインタビューで、有野は収録時に監督から「有野さんの優しい部分を消して、もっと勇ましく」と注意を受けたことを明かし、「決して下手とは言わず、気を使っていただいた。やりやすい監督でした!(笑)」と話した。

(c)鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会

アプリで読む