Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

デビューイヤーを突っ走ったJO1、オンラインライブでJAMに感謝「物語はまだまだ始まったばかり」

ナタリー

20/12/20(日) 8:00

JO1「JO1 1st Live Streaming Concert『STARLIGHT』」の様子。 (c)LAPONE ENTERTAINMENT

JO1が昨日12月19日にオンラインライブ「JO1 1st Live Streaming Concert『STARLIGHT』」を開催した。

昨年12月にサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で結成されたJO1。新型コロナウイルス感染症の影響でなかなか有観客ライブができない状況ではあるものの、2枚のシングルリリースを経て11月には待望の1stアルバム「The STAR」を発表するなど、充実した1年を送ってきた。そんな1年の集大成となるライブは、アルバムのリード曲「Shine A Light」でスタート。赤い衣装に身を包んだJO1は手を星のようにキラキラと瞬かせる“スターダンス”を見せ、オープニングから画面の向こうにさわやかな空気をもたらした。そんな空気から一変、2曲目にJO1が披露したのはエモーショナルなナンバー「MONSTAR」。繊細さと力強さを兼ね備えた緩急のあるパフォーマンスで視聴者を魅了した。

その後リーダー與那城奨の進行のもと、メンバーが3チームに分かれて、“JO1の3大ニュース”を発表することに。豆原一成、川西拓実、佐藤景瑚、木全翔也からなるレッドチームは1、2月にファンミーティング「JO1 1ST FANMEETING」を開催したこと、鶴房汐恩、白岩瑠姫、大平祥生によるグリーンチームは1stシングル「PROTOSTAR」、2ndシングル「STARGAZER」、1stアルバム「The STAR」が音楽チャート1位を獲得したこと、川尻蓮、河野純喜、金城碧海からなるブルーチームは「2020 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS」でベストニューアジアアーティスト賞を受賞したことを列挙。輝かしい1年を思い出話を交えながら振り返り、応援してくれたJAM(JO1ファンの呼称)への感謝を述べた。さらにメンバーは「JO1の俺的超プライベートニュース」として、個々のニュースをフリップボードで発表。結成後に11人同じ宿舎に引っ越したことから、白岩、川西、豆原は1人暮らしを始めたことを挙げる。佐藤は休日に地元の愛知・名古屋に帰ったところ、マネージャーから急遽仕事が入ったと連絡が来て帰らなくてはいけなくなり、名古屋に2時間しか滞在できなかったという悲しい“名古屋2時間事件”を明かした。

ライブパートに戻ると、ここからは「PRODUCE 101 JAPAN」の課題曲が続く。まず披露されたのはコンセプトバトルの課題曲だった「KungChiKiTa」。オーディションでこの曲を歌っていた木全のラップは、当時と比べてもさらにレベルアップ。メンバーはギラついた熱がありながら、どこかつややかさも加わったようなJO1バージョンのパフォーマンスを見せた。オーディションのファイナル評価の課題曲「GrandMaster」では、ファンキーなサウンドに乗せて11人が一体感のあるダンスを展開。楽曲の聴きどころでもある高音パートでは、河野の芯のある歌声が伸びやかに響きわたった。「Happy Merry Christmas」はオーディションと同じく白岩の歌い出しでスタート。白い衣装を着用したメンバーが、クリスマスの高揚感あふれるこの曲をハッピー全開で届ける。これまでつややかな楽曲や力強い楽曲を多く歌ってきたJO1だが、「やんちゃ BOY やんちゃ GIRL」では笑顔で弾けるような元気いっぱいのダンスを披露した。

そしてメンバーはクリスマスツリーやリースに彩られた別室に移動。サンタの格好に早着替えした“ヨナサンタ”こと與那城の提案で、クリスマスプレゼントを賭けて川尻、河野、豆原、佐藤、木全からなる“雪だるまチーム”と、川西、白岩、大平、金城、鶴房からなる“トナカイチーム”に分かれてゲームをすることとなった。1回戦「爆音キーワード当てゲーム」は各チームから“伝える人”と“答える人”の2人が出て、お互いにヘッドホンをして何も聞こえていない状態で口の形のみでキーワードを伝えるというゲーム。佐藤が懸命に「家では全身タイツ」というワードを伝えようとするも、河野は「家では」を「入れ歯は」と間違えてしまうなど、両チーム苦戦しながらも互いの心を通わせようとした。結果は引き分けで、2回戦「風船割り真顔対決」へ。いかに真顔で風船を割れるかを競うこのゲームに、ポーカーフェイスで知られる金城を擁するトナカイチームは「これは勝った!」と余裕の表情。自信満々の“真顔の申し子”金城に、雪だるまチームから自称“虚無顔の申し子”の木全が挑む。金城は顔色1つ変えずに風船を割りつぶすも、木全も負けじと真顔で風船を割り、勝負は引き分けとなった。勝負を決める最終決戦は「フラフープ送りゲーム」。チームのメンバーが横一列になって手をつなぎ、その状態でフラフープを隣の人へと送って往復のタイムを競うというゲームだ。ペナルティタイムを含み、雪だるまチームは51秒、トナカイチームは49秒という結果に。僅差で勝利したトナカイチームはクリスマスプレゼントとして焼き肉を食べられる権利をゲットし、敗れた雪だるまチームの中でも焼肉好きの木全は「焼肉食べたい!」と駄々をこねてメンバーに笑われていた。

学生服姿にチェンジしたJO1は「GO」をクールにパフォーマンス。さらにジャケットをひらめかせながら「OH-EH-OH」をパワフルに披露した。ラストナンバーはJO1にとって原点の楽曲「ツカメ~It's Coming~」。1位の豆原をセンターに、11人は当時の順位のフォーメーションでV字に並び、1年を経て成長した姿で思い入れのあるこの曲を生き生きと披露した。

メンバーはステージから去って行ったが、その後JO1の結成当初の映像からオンラインライブのリハーサルの様子まで、1年間の軌跡を追ったムービーが流れる。そして画面には11人が再び登場。アンコールとして、スタンドマイクでJAMへの気持ちを込めたバラードナンバー「Be With You(足跡)」をじっくりと歌唱した。その後11人が1人ずつ挨拶することに。大平はつらいことも多かったという1年間を振り返り、募る感情に涙で声を詰まらせながらも「僕が活動する根っこはJAMの皆さんを幸せにすることなので、これからも幸せにできるようにがんばります」と真っすぐに思いを伝える。川西は「メンバーが決まってから約1年なんですけど、できることは全部やったんじゃないかなと思うくらい、本当に突っ走ったなと。1年目が勝負だと思って、『今をがんばる』という気持ちでここまできました。来年も2年目が勝負だと思うでしょうね。今がんばれば素敵な未来が待ってると思うので、そばで見守ってもらえるとうれしいです」と熱く語った。鶴房は「僕らは3月にデビューしたんですが、コロナウイルスの影響で、いい駆け出しはできなかったと思います。お客さんを入れてライブをしたかった」とデビューイヤーになかなかライブができなかった苦悩を明かしつつ、「でも、その中でJAMのみんなが、僕らが番組に出たらTwitterでタグ付けをしてトレンドに入れてくれたり、誕生日を祝ってくれて。大切なものをいろいろいただきました。感謝してもしきれないです」と支えてくれたJAMへの感謝を述べる。最後にはリーダーの與那城が「なかなかライブができなかったけど、JAMのみんなは離れずにそばにいてくれて、本当にありがとう。僕たちの物語はまだまだ始まったばかりなので、これからも僕らの成長を楽しみにしていてください」とさらなる未来に思いを馳せた。

最後にJO1が披露したのはデビュー曲「無限大」。銀テープが舞う中、努力を惜しむことなく1年間磨き続けてきた一糸乱れぬダンスを繰り広げ、オンラインライブを締めくくった。

JO1「JO1 1st Live Streaming Concert『STARLIGHT』」2020年12月19日 セットリスト

01. Shine A Light
02. MONSTAR
03. KungChiKiTa(JO1 Ver.)
04. GrandMaster(JO1 Ver.)
05. Happy Merry Christmas(JO1 Ver.)
06. やんちゃ BOY やんちゃ GIRL(JO1 Ver.)
07. GO
08. OH-EH-OH
09. ツカメ~It's Coming~(JO1 Ver.)
<アンコール>
10. Be With You(足跡)
11. 無限大

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む