Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

Sexy Zoneが歩んだ濃密な10年 『SZ10TH』を経て新たな時代を創る

リアルサウンド

21/3/3(水) 6:00

 2021年、デビュー10周年イヤーに突入したSexy Zoneが、3月3日に10TH ANNIVERSARY ALBUM『SZ10TH』(読み:エスズィーテンス)をリリースした。

 2011年11月16日リリースのデビューシングル「Sexy Zone」よりはじまるポニーキャニオン時代のシングル曲から、昨年3月のTop J Recordsへ移籍後の「RUN」「NOT FOUND」を加えた23曲(両A面を含む)に、新曲「RIGHT NEXT TO YOU」、「Change the world」の2曲を加えた全25曲収録と、シングルCDを余すことなく詰め込んだスペシャルなラインナップだ。

 新曲の一つである「RIGHT NEXT TO YOU」は、全編英語詞のダンスナンバーで、一皮も二皮もむけたダンスで魅了する。Johnny’s official YouTubeチャンネルでは2月17日に「RIGHT NEXT TO YOU」(YouTube ver.)、続く22日には「DancePracticeVideo」が公開され、いずれも100万回再生を突破した。洗練されたサウンドにのせ、キレと滑らかさを自在に操るシンクロダンス、巧みなフォーメーション。無論、レッスンを重ねたのだろうが、10年のキャリアが生み出す“阿吽の呼吸”ならぬ“Sexyの呼吸”を感じた。

Sexy Zone「RIGHT NEXT TO YOU」(YouTube ver.)

 Sexy Zoneの10年ーーそれは激動とも呼べる濃密な時間だったことだろう。平均年齢14.2歳でデビューを飾り、一時はグループの再編が行われたこともあった。ただでさえ多感な思春期に土台となるはずのグループの揺らぎ。学業との両立やメンバー間のこと……。

 「いつから、大人だったんだろう?いつまで、子どもだったんだろう?」とは、『Sexy Zoneの進化論』(スカパー他)の番組HP(※1)に掲げられた言葉だ。誰もが通る子どもから大人へと移行期を芸能界に身を置き、10代ならではの尖った時代を経て、メンバーをフォローし合い、歩みを止めることなく前を向く。彼らの姿勢には学ぶことが多い。しかも、のちに当時の心境を言葉にして語ってくれる。誠実で素直で、そんなところもSexy Zoneらしい。

 デビューを夢見て奮闘するジャニーズJr.からみれば、いわゆるエリートコースと呼べるものだろう。一方で当事者にしかわからない苦悩も語られてきた。菊池風磨は、昨年12月放送の『すこジャニ~ルールだらけの旅~』(フジテレビ系)で、先輩・後輩に囲まれてステージに立ち、自分だけがデビューしてしまうと涙した、当時の複雑な心境を語った。

 インパクトの強い楽曲を多く持つSexy Zone。今回のアルバムに収録されるもう一つの新曲が「Change the world」。10年間支えてくれたファンへの想いを込めてメンバーが作詞した楽曲だ。白いスーツ姿で一輪のバラを持っていたデビュー当時。頬がふっくらとして、あどけない表情だった。10年の時を経て、衣装もよりラグジュアリーに、かつコンセプチュアルなものへと進化。和洋折衷、ダンスに殺陣にと様々な文化を取り入れて独自の世界を打ち出す。グループとしての楽曲はもちろん、中島健人を筆頭にソロ曲も随分と様変わりした。10代にしか出せない新鮮さを経て、20代ならではの大人の世界へと進む。

 “顔面人間国宝”の名のもとに精悍な顔つきに表れる自覚と覚悟、「攻撃は最大の防御」と、Sexy Zoneのセンターとして君臨する佐藤勝利。正統派な“王子様ジャニーズ”としてブレずに、年齢性別を問わずファンをシンデレラにしてくれる中島健人。クレバーなトークと、セクシーなソロ曲、バラエティで見せる姿とのギャップに多才さを感じる菊池風磨。

 公式グッズ「ここらで一旦僕らと一緒にエコのことを考えてみよ?My Sexy ストロー」や、雑誌対談を通して、エコやエシカルなどの社会課題について考えるきっかけを与えてくれるマリウス葉。そして2年のブランクを感じさせないどころか、さらに進化したダンスの表現力とずっと変わらないキュートな笑顔で魅了する松島聡。そんなかけがえのない個性が集まるのがSexy Zoneだ。

 これからどんな楽曲とダンスで魅了し、どんな景色をみせてくれるのか。デビュー時に〈時代を創ろう〉と歌った彼ら。10年の集大成『SZ10TH』を経て、いままた一つ新たな扉を開けたと言えるだろう。

※1:https://promo.skyperfectv.co.jp/sexyzone/

■柚月裕実
Web編集者/ライター。企画、担当編集、取材・執筆してます。
日本の男性アイドルの頑張りを見ては涙する30代。
始まりはSMAP中居さん。 KAT-TUN、NEWS中心の事務所担。年中HDDの整理と原稿書きに追われています。

アプリで読む