Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ヤスミン・アフマド『細い目』全国劇場公開 民族や宗教の違いを超えた恋

CINRA.NET

19/8/26(月) 20:30

映画『細い目』が10月11日から東京・アップリンク吉祥寺、アップリンク渋谷ほか全国で順次公開される。

『マレーシアアカデミー賞』6部門、『第18回東京国際映画祭』最優秀アジア映画賞を受賞した同作は、2009年に51歳で逝去したマレーシアの映画監督ヤスミン・アフマドの初劇場用長編映画。香港の映画スターが大好きなマレーシア系の少女オーキッドと、露店で海賊版の香港映画のVCDを販売する中華系の少年ジェイソンが、民族や宗教の違いを越えて互いに惹かれ合っていく様を描く。タイトルの『細い目』は中華系の身体的特徴を揶揄するマレーシアの表現とのこと。原題は『Sepet』、英題は『Chinese Eyes』。

出演者には同作がデビュー作となったシャリファ・アマニに加えて、ン・チューシオンらが名を連ねる。のちにシャリファ・アマニを主演に迎えた短編作品『Pigeon 鳩』をマレーシアで撮影した行定勲は、ヤスミン・アフマドの映画がきっかけで「マレーシアで映画を撮りたい」という思いに駆られたのだという。『細い目』について「はじめて東京国際映画祭で目にしたときの衝撃を今でも覚えている」とコメントしている。

あわせて公開されたポスタービジュアルには、少年の顔に手を伸ばす少女の姿などが写し出されているほか、「想いはとどく。」「今もなお。そして10年後もきっと。心に残りつづける初恋。」というコピーが使用されている。

アプリで読む