Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2019 Twentieth Century Fox

タイカ・ワイティティ監督の新作映画『ジョジョ・ラビット』2020年1月公開

CINRA.NET

19/8/6(火) 10:56

映画『ジョジョ・ラビット』が2020年1月から全国公開される。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』を手掛け、ハリウッド版『AKIRA』の監督に抜擢されたタイカ・ワイティティが監督を務めた同作の舞台は、第二次世界大戦下のドイツ。空想上の友人アドルフ・ヒトラーの助けを借りながら、青少年集団ヒトラーユーゲントで立派な兵士になろうと奮闘する心優しい10歳の少年ジョジョが、家の片隅の小さな部屋でユダヤ人の少女が匿われていることに気づく、というあらすじだ。

訓練でウサギを殺すことができず、教官から「ジョジョ・ラビット」という不名誉なあだ名をつけられてしまうジョジョ役を演じたのは、同作で初のプロとしての仕事にして主演の座を獲得したローマン・グリフィン・デイビス。ジョジョの母親役にスカーレット・ヨハンソン、ジョジョの家に隠れていたユダヤ人の少女役にトーマサイン・マッケンジー、ヒトラーユーゲントの教官役にサム・ロックウェル、ヒトラー役にタイカ・ワイティティ監督がキャスティングされている。今回の発表とあわせて特報と場面写真が公開。

アプリで読む