Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

TWICE、「Candy Pop」はMVとのギャップがポイント? “甘くない”サウンドを分析

リアルサウンド

18/2/17(土) 10:00

参考:2018年2月19日付週間CDシングルランキング(2018年2月5日~2018年2月11日・ORICON NEWS)

 2018年2月19日付の週間CDシングルランキングの1位は、TWICEの『Candy Pop』。女性9人組のK-POPグループによる日本での2ndシングルで、デビューシングル『One More Time』に続く1位獲得となりました。海外アーティストが「1stシングルから2作連続で初週売上20万枚突破」を記録したのは史上初とのこと。そしてこのチャート連載にも2作連続で登場(参考:TWICE『One More Time』が想起させる、K-POP日本進出史 日韓でヒット生む作家陣に注目)となったわけです。破竹の勢いとはこのことでしょう。

(関連:BTS、『火曜サプライズ』で日本の“ARMY”にメッセージ JIMIN「また来るので待っててください」

 『One More Time』の1位獲得時のチャート連載では、日本での女性人気の強さや、TWICEの日本進出にはBIGBANGやKARAの日本進出時のスタッフが関わっていることをご紹介しました。

 そして、今回の「Candy Pop」で話題になったのは、アニメと実写を組み合わせたMV。『ラブライブ!』、『プリティーリズム』シリーズ、『宝石の国』(TOKYO MXほか)などを手掛ける京極尚彦監督と、韓国の映像クリエイター陣との共作であることがアナウンスされています。MVの主人公が幼い女の子であることも含めて、こういう層を取りにきたのか……という感想を抱きました。ファン層を広げていこうという明確な狙いを感じます。

 しかし、「Candy Pop」のMVを見ながら、映像こそ女の子向けのアニメのようでありながら、楽曲自体は甘味の少ないダンスミュージックだとも感じました。サビこそ華やかなものの、特にAメロのリズムにはレゲエのようなアーシーさがあります。

 作詞作曲は、Min Lee “collapsedone”とMayu Wakisakaによる共作。Min Lee “collapsedone”は2PMへの楽曲提供でも知られるプロデューサー/ソングライター、Mayu WakisakaはMISIAや西野カナへの楽曲提供で知られるシンガーソングライターです。そして、編曲はMin Lee “collapsedone”ひとりによるもの。Twitterを見ると彼は現在活動拠点をニューヨークにしているようです。楽曲面では日本でのローカライズを意識しつつも、サウンド面ではアメリカのダンスミュージックの潮流を反映しているのが「Candy Pop」でしょう。

 カップリングの「BRAND NEW GIRL」の作詞は、「One More Time」にも参加していたNA.ZU.NAとYu-ki Kokubo。作曲には、このふたりに加えて、E-girlsなどへの楽曲提供で知られるM.Iも参加しています。編曲はNA.ZU.NAひとりによるもの。「One More Time」の作曲陣同様、「BRAND NEW GIRL」に関わった作家全員が作家事務所・obelisk inc.(オベリスク)に所属しています。

 「BRAND NEW GIRL」は、ダンスミュージックという軸は変わらないもののロック色を強めており、「Candy Pop」のカップリングとしてうまくバランスを取っているなと感じました。

 MVこそドリーミーでも、サウンド面では甘くないというのがTWICEの「Candy Pop」。次作も初週売上20万枚以上の勢いを維持できるかに注目したいです。(宗像明将)

アプリで読む