Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

Snow Manラウールが「青春っていいなー」、主演映画「ハニーレモンソーダ」イベントに登場

ナタリー

21/5/18(火) 22:08

ラウール(Snow Man)

Snow Manのラウールが主演を務める映画「ハニーレモンソーダ」のイベント「ハニレモ▽しゅわきゅんサマー開幕式」が本日5月18日に東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で開催された。

「ハニーレモンソーダ」は少女コミック誌「りぼん」で連載されている村田真優原作の同名マンガを実写映画化した作品。本日のイベントにはラウールをはじめ、キャストの吉川愛、堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美、監督の神徳幸治が登壇した。

本作が初の映画単独主演となるラウールは、完成した映画を観たときの心境について「恥ずかしくてしょうがなくてドキドキ」と初々しくコメント。また現役高校生でありながら“あまり青春がないタイプ”だと自己分析するラウールが「心がプルプルする感じがして潤いました」「青春っていいなーと思いました」とはにかみながら話すと、ほかのキャストたちはその様子をほほえましそうに見守っていた。

一方ヒロインを演じた吉川は、初共演のラウールとの撮影について「最初は全然目が合わなくてどうしようと思ったけど、だんだん高校生らしい姿が出てきて、息子みたいにかわいくなりました」と回想。またラウールのことを親しみを込めて“ラウちゃん”と呼んでいるという坂東が、「(ラウールが)気付いたら僕の膝の上に座ってきて、指を1本1本触ってくるんですよ。めっちゃキュンキュンしました」とこぼれ話を披露し、ラウールを照れ笑いさせるひと幕もあった。さらに「最も“ツンデレ”なギャップのあるキャストは誰?」という質問に坂東はラウールと回答し、「去年の『TGC』で1人でダンスを踊っているラウちゃんを観たんですけど、それがめちゃくちゃカッコよくて! ラウちゃんの男性的な魅力にメロメロになりました」と絶賛していた。

「ハニーレモンソーダ」は7月9日より全国でロードショー。

※文中▽は白抜きハートークが正式表記

(c)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (c)村田真優/集英社

アプリで読む