Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

THE BACK HORN、作家 住野よるとコラボレーション 第一弾作品「ハナレバナレ」配信リリース

リアルサウンド

18/9/6(木) 9:00

 THE BACK HORNが、住野よるとのコラボレーションを発表した。

(関連:THE BACK HORNが体現する“生きる”ということ 20年の総括みせた『情景泥棒ファイナル』レポ

 住野よるは、『君の膵臓をたべたい』(累計276万部突破)、『また、同じ夢を見ていた』(累計81万部突破)、『か「」く「」し「」ご「」と「』(単行本30万部突破)などを手がける作家。デビュー前からTHE BACK HORNの大ファンだったことから、本プロジェクトが始まることになったという。今回のコラボレーションは、音楽と小説というジャンルの垣根を超え、お互いの創作に深くかかわりながら生み出す、新感覚の共作となる。作品コンセプトの段階から双方で意見を交わし合い、さらにお互いのつくったものにインスパイアされる形で、また次を生み出していく……という相互作用による創作が展開していく。

 コラボ第一弾作品「ハナレバナレ」は、住野の新作『この気持ちもいつか忘れる』(『週刊新潮』)連載開始1週間前の9月13日より配信をスタート。『この気持ちもいつか忘れる』は高校生の男の子が、異世界の女の子と出会い、仲を深めていくというファンタジー要素のある作品となっている。

 本日公開のティザー映像では、楽曲の一部を視聴することが可能に。THE BACK HORNの楽曲の世界観と映像の違和感が絶妙に絡み合う作品となっている。

 なお、本日9月6日からオープンしたコラボプロジェクト公式サイトでは、プロジェクトの成り立ちや、作品のティザー映像、あらすじ、THE BACK HORNと住野よるのインタビューなどを掲載し、今後も最新情報が随時更新されていく予定。『週刊新潮』の連載『この気持ちもいつか忘れる』も、同サイトにて10月5日から分割してWEB掲載されていく。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む