Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

役所広司「映画館に行こう」キャンペーン・アンバサダーに就任「より豊かで誇らしい映画界に」

ぴあ

20/6/30(火) 14:09

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の蔓延に伴う休館から、緊急事態宣言の解除を受けて各地の映画館が順次営業を再開するなか、日本映画製作者連盟、外国映画輸入配給協会、モーションピクチャー・アソシエーション(MPA)、全国興行生活衛生同業組合連合会の4団体で構成される「映画館に行こう!」実行委員会が6月30日、2020年のキャンペーン実施を発表。東京・TOHOシネマズ日比谷でキックオフ会見を行い、アンバサダーに就任した俳優の役所広司が出席した。

「大変光栄なこと。何せ長年、映画館には世話になっているので」と挨拶した役所は、「(アンバサダーは)苦手な役目ですが、自分で役に立つことがあれば」と意気込み。「これまでも映画界はいろんなピンチをチャンスに変えて、優れた作品を生み出してきた。コロナショックを乗り越えて、より豊かで誇らしい映画界になるよう頑張っていきたい」と決意を新たにし、「ぜひ油断せず、マナーを守って、映画を安心して楽しんでいただければ」と映画ファンにメッセージを送った。

また、コロナ禍での俳優業については「人と触れ合うことで成立するし、仕事のエネルギーにもなるので、それは(同業者の)みんなが苦労しているみたいですね」と語り、「やはり映画館で見る映画は別物。覚悟と努力があれば、こんな状況でも優れた作品や才能は生まれると信じている」と熱弁していた。

実行委員会では今夏「映画館に行こう!」をスローガンに、映画館での安心、安全のための取り組みのアピール、そして大スクリーンで鑑賞する、映画本来の楽しさをアピール。役所を筆頭に、映画業界人10人によるリレー動画をYouTubeで展開するほか、各種SNSでも、映画館体験の素晴らしさを発信していく。

会見には役所に加えて、岡田裕介氏(「映画館に行こう!」実行委員会顧問・一般社団法人日本映画製作者連盟会長)、松岡宏泰氏(「映画館に行こう!」実行委員会委員長)が同席。「何より映画が面白くないとお客様が来てくださらない。8月上旬には(話題作が)揃ってくる」(岡田氏)、「安心して映画館に行こうと思ってもらえることが一番重要。安全に運営するガイドラインを遵守しながら、すばらしい環境で(映画を)楽しんでいただき、また映画館に戻ってきてもらえるサイクル作りの後押しができれば」(松岡氏)と映画業界再興の一歩に期待を寄せていた。

取材・文:内田 涼

役所広司からのメッセージ
「映画館に行こう!」キャンペーン2020公式YouTubeチャンネル

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む