Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左からジェンマ・チャン、キット・ハリントン、バリー・コーガン。

MCU新作「Eternals」に「ゲーム・オブ・スローンズ」のキット・ハリントンら出演

ナタリー

19/8/26(月) 21:29

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作「Eternals(原題)」の新キャストが発表され、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のキット・ハリントン、「キャプテン・マーベル」のジェンマ・チャン、「アメリカン・アニマルズ」のバリー・コーガンが出演するとわかった。

MCUのフェイズ4に属する「Eternals」は、地球上に住み、その歴史と文明を築いた不死の種族“エターナルズ”を描くもの。原作コミックにおいてエターナルズは、宇宙の神々“セレスティアルズ”によって作られ、悪の種族“ディヴィアンツ”から人類を守るために地球に送られてきたという設定だ。

追加キャストに関する情報は、米アナハイム・コンベンションセンターで開催された「D23 Expo 2019」にて、現地時間8月24日にマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギが発表した。ハリントンが演じるのは、エターナルズではなく人間であり、呪いの剣を受け継いだ暴れん坊の騎士デーン・ウィットマンことブラックナイト。コミックにおいてはアベンジャーズのメンバーとしても描かれてきたキャラクターだ。「キャプテン・マーベル」でクリー人のミン・エルヴァを演じたチャンは、今回エターナルズのセルシ役で出演する。エルヴァとセルシに関係があるかどうかは、現在明かされていない。そしてコーガンは、エターナルズの一匹狼ドルイグに扮する。

またファイギは、そのほかのキャストとともに「D23 Expo 2019」のステージに登壇。各キャラクターを説明し、コンセプトアートも公開した。本作において、「マレフィセント」のアンジェリーナ・ジョリーが荒くれ者の戦士セナ、「ロケットマン」のリチャード・マッデンが全能のイカリス、「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」のクメイル・ナンジアニが宇宙の力を持つキンゴを演じる。そしてドラマ「ウォーキング・デッド」のローレン・リドロフは、MCUで初の耳が聞こえないキャラクターであり、高速移動能力を持つマッカリ役で出演。「チャイルド・プレイ」のブライアン・タイリー・ヘンリーが賢い発明家でもあるファストス、「五日物語 3つの王国と3人の女」のサルマ・ハエックがスピリチュアルなリーダー・アジャック、「トーテム 呪いの首飾り」のリア・マクヒューが永遠の若さを持つが魂は老いたスプライト、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のマ・ドンソクが豪腕のギルガメッシュに扮する。

「ザ・ライダー」のクロエ・ジャオが監督する「Eternals」はアメリカで2020年11月6日に公開。なおこの「D23 Expo 2019」にて、フェイズ4の作品として「MS. MARVEL(原題)」「MOON KNIGHT(原題)」「SHE-HULK(原題)」が、ディズニーのストリーミングサービス・Disney+で配信されることも発表された。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

アプリで読む