Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR『いちばん好きな場所 2018』」東京・マイナビBLITZ赤坂公演の様子。(撮影:今元秀明)

シド、“いちばん好きな場所”で“いちばん好きなファン”と迎えたツアーファイナル

ナタリー

18/11/28(水) 18:04

シドの結成15周年を記念したライブハウスツアー「SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR『いちばん好きな場所 2018』」が、11月21日に東京・マイナビBLITZ赤坂にてファイナルを迎えた。

9月から約3カ月かけて行われたツアーは、いずれの公演もファンと近い距離でパフォーマンスできるライブハウスをメインに行われた。最終公演でもメンバーとファンがコミュニケーションを楽しむような空間が2時間にわたって作り出された。

ライブは、ツアーと同タイトルの最新作「いちばん好きな場所」の1曲目に収録されている「VOICE」で幕を開け、曲の終盤でマオ(Vo)は「世界でいちばん 熱い夜にしよう」と歌い上げる。その言葉に応えるように、フロアを埋め尽くしたオーディエンスは大歓声を上げた。その後、Shinji(G)が流麗なギターソロを聴かせ、ゆうや(Dr)がどっしりとした四つ打ちのリズムを刻む「reverb」、観客のコールを巻き起こすアップテンポな「XYZ」と、勢いのある楽曲が披露されたあとにMCへ。マオは「駆け抜けましたよ、ここまで。ただいま。今日も一緒に素敵な思い出を作って帰りましょう」とファイナルらしい挨拶をした。

アニバーサリーツアーらしく、過去の楽曲も挟み込むセットリストでファンを歓喜させた4人。ジャジーかつアダルトな「蜜指~ミツユビ~」ではShinjiと明希(B)がソロでしっかり聴かせプレイヤーとしての実力をアピールし、フュージョン的なサウンドアプローチの「KILL TIME」では楽器隊の複雑なアレンジに乗せてマオが歌声を絡ませ、ボーカリストとしての力量を見せる。決めるところは決めつつも4人は終始ライブを楽しんでいる様子で、マオが明希の肩を抱き寄せたり、明希とShinjiがステージの前方に足を伸ばしファンの顔を覗き込むようにしながらプレイしたり、伸び伸びとパフォーマンスを繰り広げた。

マオがクライマックスでロングトーンを聴かせた「V.I.P」を経てのMCでは、メンバーが3カ月におよんだツアーを回顧。ゆうやは「濃い! 濃かった」、明希は「ライブがどこもかしこも盛り上がって。とても心が幸せになりました。皆さんのおかげで15周年を駆け抜けていきました」と述べ、マオは打ち上げに4人で毎回参加していたエピソードを語り「結成したときより仲がいいんじゃないかと。まとめますと、俺たちは“仲良シド”ってことで」とユーモアを交えてバンドの結束力の強さについて言及した。

観客の温かなシンガロングが自然に起きた「その未来へ」に続き、甘く毒をはらんだマオの声が響いた「刺と猫」を届け、曲ごとにまったく異なる世界観を披露した4人。「hug」で穏やかな空気を紡いだあとは、ダンサブルな「MUSIC」を皮切りに「ラバーソール」「Dear Tokyo」とアップテンポな楽曲を次々と投下していく。攻撃性をあらわにした「プロポーズ」からの流れを汲む形で「眩暈」になだれ込むと、メンバーはアグレッシブなステージングを展開。Shinjiが歪んだギターの音色を奏でる横で、明希はターンを繰り返しながら楽器を弾き、マオはシャウトを繰り出す。そして4人は激しい余韻を残してステージをあとにした。

アンコールでメンバーは、冬に似合うバラード「ホソイコエ」のあとに、サマーチューン「夏恋」をプレイして観客を魅了。さらにライブ映えする「one way」でフロアを揺らした。マオは熱狂する観客を楽しげに見つめ、歌い終えたあと「すごいね、みんな」と感心。そして「4人共ミュージシャンだし、バンドマンだから、ライブが好きだし。この場所が心から大切だし、大好きなんです。幸せな気持ちを歌に込めます」とラストナンバーの「いちばん好きな場所」を歌い出した。ミラーボールが光を放ちながら回る下で、4人は力強いアンサンブルを奏で、優しい空気でフロアを満たした。

全20曲を届け終えた4人は、一列に並び、手をつなぐと「『いちばん好きな場所』最高!」と声をそろえて叫ぶ。そして、明希の「最高だったぜ。横浜アリーナでまた会おう。これからも突っ走っていくからよろしくな」という言葉を機に、1人ひとりがファンに別れの挨拶を始めた。Shinjiは「ホントにありがとう。改めて思ったんですけど、君たちが大好きです」とファンに告げ、ゆうやは「僕ら、夢の続きがあるんで。ずっと進んでいこうと思うので、これからも応援よろしくお願いします」と呼びかける。マオは「最高のライブを、最高のツアーをありがとう」「俺たちのいちばん好きな場所は、みんなのここ(心)に残ったと思うので、いつでも帰ってきてください。俺はみんなが心の底から大好きです」と口にし、大歓声を浴びながらオフマイクで「愛してます」と叫んだ。

なおシドは2019年2月に台湾と香港での海外ライブを行い、3月10日に神奈川・横浜アリーナでライブ「SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ ~その未来へ~」を開催する。さらに2019年早春には「シド×ぴあ」が発売されることも決定してる。

シド「SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR『いちばん好きな場所 2018』」2018年11月21日 マイナビBLITZ赤坂 セットリスト

01. VOICE
02. reverb
03. XYZ
04. 蜜指~ミツユビ~
05. KILL TIME
06. 螺旋のユメ
07. ASH
08. V.I.P
09. その未来へ
10. 刺と猫
11. hug
12. MUSIC
13. ラバーソール
14. Dear Tokyo
15. プロポーズ
16. 眩暈
<アンコール>
17. ホソイコエ
18. 夏恋
19. one way
20. いちばん好きな場所

アプリで読む