Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ぴゅぱミュ「『夢幻泡影』~第一弾 夢~」より。

ぴゅぱミュ第1弾「夢幻泡影」開幕、主演の大隅勇太「新鮮さで溢れていた」

ナタリー

19/10/31(木) 19:29

ぴゅぱミュ「『夢幻泡影』~第一弾 夢~」が、昨日10月30日に東京・新宿村LIVEで開幕した。

本作は加藤真紀子が作・演出を手がける演劇ユニットPUPAによるオリジナルミュージカル第1弾。開幕前には囲み取材が行われ、キャストから大隅勇太、國島直希、矢代卓也、橘りょう、佐川大樹、岩崎良祐、輝海、松岡佑季が登壇した。

今回が初主演作となった大隅は「自分も含め、各々初挑戦となることが多かったのですが、それだけに新鮮さで溢れていて、みんなで補い助け合いながら、ついに初日公演を迎えることができました。自分で言うのもなんですが、ここまで来れたことは、本当にすごいことだと思います」と感慨を述べ、自身が演じる木村ひなたについて、「ひなたとはオーバーラップする部分が多かったので、等身大で臨むことができ、自分の思ったひなたを演じることができました」と自信を見せた。

ひなたの小学校からの親友・森田彬役の國島は「このミュージカルにはリアルな若さとエネルギッシュさが詰まっていて、観ている方にもきっとそのエネルギーを感じ取ってもらえると思います」と言い、自身の役どころについては「ひなたに対してのジェラシーから、あえてマウンティングすることで自身を保つという彬の立ち位置が、難しくも楽しかったです」と実感を込めて語った。

次期演劇部部長・松本龍役の矢代は「龍が自分とよく似た性格で役に入り込みやすかったので、龍と自分の個性に、ぜひとも注目して欲しいです」とアピール。続く橘は「今作はミュージカルの概念を覆す舞台だと思っています。先入観なく、フラットな気持ちで観ていただきたいです」と観客に呼びかけた。

「ミュージカルの魅力を存分に堪能していただけること間違いなしです!」と宣言した佐川は、自身が演じる演劇部のスーパールーキー・八重嶋俊について「高校時代に自分も演劇部に所属していたので、なつかしい感情が蘇りました」と口にする。岩崎は、「初ミュージカルで、歌やダンス、自分に足りないものが見えたからこそ、必死に付いていくことが、いつしか自分のモチベーションに変わりました」と稽古を回想した。

輝海は、作品について「見どころは、歌・芝居・ダンス。単純に観て楽しんでいただける作品に仕上がっています!」と強調。物静かでおとなしい生徒会副会長・鈴木まもるを演じる松岡は「まもると自分の性格って、結構オーバーラップしてるんです(笑)。だから、かなり役に入り込みやすくて」と語り、「泥臭いながら前向きな青春を思い出していただき、楽しんで観ていただきたいです」と取材を締めくくった。公演は11月3日まで。

ぴゅぱミュ「『夢幻泡影』~第一弾 夢~」

2019年10月30日(水)~11月3日(日・祝)
東京都 新宿村LIVE

脚本・演出:加藤真紀子
出演:大隅勇太、國島直希、矢代卓也、橘りょう、佐川大樹、岩崎良祐、輝海、松岡佑季 / 堀田優希、羽田慎之介、藤田晋之介、溝口雄大、RYO(Tigh-Z)、加賀川成生、信賀涼介、町田光陽、白取漣盛 / 鬼束道歩 / 天野哲也、佐久間比呂美、小川隆将

アプリで読む