Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

27thキネコ国際映画祭メインビジュアル

キネコ国際映画祭ラインナップ発表、戸田恵子、中山秀征、TARAKOが生吹替実施

ナタリー

19/10/8(火) 19:10

27thキネコ国際映画祭が11月1日から5日にかけて、東京・109シネマズ二子玉川、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズなどで開催。11月4日に行われるイベントに戸田恵子、中山秀征、TARAKOが登壇することがわかった。

1992年にスタートしたキネコ国際映画祭は、子供たちが映画を通じて世界の芸術や文化に触れ、夢や希望を育むことを目的としている。対象年齢ごとに複数のプログラムに分かれた短編・長編が上映されるほか、二子玉川公園で「シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~」「リメンバー・ミー」を映す水辺上映、キャンプ体験、流鏑馬などのイベントがラインナップに並ぶ。

同映画祭のジェネラルディレクターを務める戸田と、プログラミングディレクターを担当する中山はディレクター陣が推薦する「生死」「親子」「友情」「信頼」などをテーマにした「DBS(Director's Best Selection)プログラムに登場。「ゴンサロ」「アー・ユー・バレーボール?」の生吹替を行う。出演作「ちびまる子ちゃん『まる子、さぬきに行く』」が特別上映されるTARAKOは、2018年のキネコ国際映画祭で短編グランプリを獲得した「真っ赤なリンゴ」の生吹替を披露する。

映画祭の前売り券はチケットぴあで販売中。上映スケジュールなどは映画祭公式サイトで確認しよう。

27thキネコ国際映画祭

2019年11月1日(金)~5日(火)東京都 109シネマズ二子玉川、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ、二子玉川公園、二子玉川ライズ ガレリア、二子玉川ライズ 中央広場
前売り料金:18歳以上 1000円 / 3~17歳 500円
当日料金:18歳以上 1200円 / 3~17歳 700円

上映作品(※カッコ内は対象年齢)

プログラムA(1歳~)

「1番強いのだ~れだ?」※生吹替あり
「大きなオオカミと小さなオオカミ」※生吹替あり
「こま撮りえいが こまねこ」より「こまねこ はじめのいっぽ」
「キャット・レイク・シティ」
「サムの夢」
「ハングリー」

プログラムB(1歳~)

「カメさんの中距離走」
「きかんしゃトーマスのドッキリ!!さくせん」※生吹替あり
「くもりの日」
「旅人のドロシー」※生吹替あり
「ちいさなおおかみ君~お誕生日会~」※生吹替あり
「ロボットとくじら」

プログラムC(3歳~)

「Sunday morning」
「お月さまのアイリン」※生吹替あり
「空へ」※生吹替あり
「おばあちゃんと一緒」
「ゴンサロ」※生吹替あり
「ぽすくま『はしれ!かぜのように』」

プログラムD(3歳~)

「マッシュの冒険」
「ひつじのショーン『たっきゅうのしあい』」
「キツネと小鳥」
「ゾグとお姫さま」※生吹替あり

プログラムE(3歳~)

「AYESHA」
「日曜の朝」※生吹替あり
「パパのパイ」
「ルルベの夢」
「ピーターラビット(TM)のだいぼうけん『フィッシャーさんの曲作りのおはなし』」※生吹替あり
「アー・ユー・バレーボール?」※生吹替あり

プログラムF(3歳~)

「Claypet」
「ナクシモノはこっち」
「おじいちゃんとの思い出」
「ねこのテオフラストス」※生吹替あり
「白い小石」※生吹替あり

プログラムG(5歳~)

「音と風と夏休み」
「アリスとルイス」※生吹替あり
「出会い、別れて。」

プログラムH(5歳~)

「お月さまのアイリン」※生吹替あり
「貴女へ~アニメーションで伝える『ヒバクシャからの手紙』」
「勇気をもって」※生吹替あり
「星のささやき」※生吹替あり

プログラムI(3歳~)

「チャックシメゾウ」
「テディとアニー」※生吹替あり

プログラムJ(5歳~)

「お母さんの夢」※生吹替あり
「ロミーとおばあちゃん」※生吹替あり

プログラムK(3歳~)

「真っ赤なリンゴ」※生吹替あり
「ちびまる子ちゃん『まる子、さぬきに行く』」

プログラムL(5歳~)

「チッパ」※生吹替あり

プログラムM(3歳~)

「ポニーとバードボーイ」※生吹替あり

プログラムN(5歳~)

「スーパー・モド」※生吹替あり

プログラムO(5歳~)

「トラさん~僕が猫になったワケ~」

プログラムP(5歳~)

「パパはわるものチャンピオン」

プログラムQ(8歳~)

「今日も嫌がらせ弁当」

IMAX上映

「スーパーパワー・ドッグス」

水辺上映

「シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~」
「リメンバー・ミー」

※記事初出時より、生吹替付きの作品が追加となりました

アプリで読む