Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ドランクドラゴン塚地扮するグラリオサ音子。

「ドランク塚地は知らないが宇梶剛士は好き」YouTuberグラリオサ音子

ナタリー

18/12/29(土) 20:00

ドランクドラゴン塚地が、グラリオサ音子としてYouTuberデビュー。お笑いナタリーは12月に新作動画の撮影現場を訪れた。

「ジェンダーレス、エイジレス、体ボンレス」のキャッチフレーズで活動するグラリオサ音子。音子友達(=友人)の勧めで11月にYouTubeチャンネル「グラリオサ音子チャンネル」を立ち上げ、炊飯器から直接おにぎりを握ってみたり、うんこスプレーの匂いに挑んだりと、ユニークな動画を公開している。

グラリオサ音子に話を聞くと、「塚地は知らないが宇梶(剛士)は好き」とした上で「子供の頃から何かを表現したいっていう気持ちがあった」とYouTuberデビューに至った心境を告白。「生み出すってことに関しては苦労もあるのー」と大変な面もあるが、自身に共感してくれる“音子友達”が増えている実感がモチベーションにつながっていると語る。その一方で、「ある種のキャラクターコントじゃないですけど、YouTubeという新しいものを通してお笑いができたらなっていう感覚になってると思いますよ」と塚地の思いを代弁してみせた。

動画内では「オモシロ株式会社」「ツマンナ有限会社」「わいざいま~」「バイざいま~」「マコトに」といった音子独自の言語が多数飛び出す。音子によれば「生まれてきて最初にしゃべった言葉が『マコトに(=本当に)』だった。誰に教えられたわけではなく、自分で言うようになった」のだという。

今後は「コラボしたいですって言ってくださる方がいたらしてみたい」と意欲。「登録者数100万人達成できなくても『芸人は続けます。お笑いやってたいです』って言うと思います、塚地って人は(笑)」と述べており、「登録者数100万人」の目標が果たせなければ芸人引退を掲げているカジサックことキングコング梶原との共演にも期待できそうだ。

1月には振り袖姿で撮影した、新成人に向けた動画を投稿予定。成人あるあるなどを披露しているのでチェックしてみよう。

アプリで読む