Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から柚希礼音、新妻聖子、大谷亮平。

ミュージカル「ボディガード」日本キャスト版に柚希礼音、新妻聖子、大谷亮平

ナタリー

19/7/19(金) 11:13

ミュージカル「ボディガード」日本キャスト版の上演が決定した。

本作は、1992年にアメリカで製作された映画「ボディガード」を原作としたミュージカル。映画でホイットニー・ヒューストンが演じた歌手のレイチェル・マロン役は柚希礼音と新妻聖子がWキャストで務め、ケヴィン・コスナーが演じたボディーガードのフランク・ファーマー役は大谷亮平が担当する。

柚希は「日本キャスト版のレイチェル役をさせていただくことになり、この映画が大好きで、素晴らしい楽曲を歌える喜びに震えております。また、ショー要素がたっぷり盛り込まれた作品は久々ですので、とても嬉しく思います」と胸の内を語り、小学生時代から映画「ボディガード」のサウンドトラックを聞いていたと言う新妻も「産後の舞台復帰にこの作品とめぐり逢えたこと、運命を感じます。『何があってもステージには背を向けない』。彼女の信念通りに、高みを目指して皆様とこの公演を作り上げていけたらと思います」と意気込みを述べている。

ミュージカル「ボディガード」日本キャスト版のこのほか出演者や演出家は、近日発表される。公演は来年2020年3月19日から29日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホール、4月3日から19日まで東京・東急シアターオーブにて実施される予定だ。

なお海外キャストが出演するミュージカル「ボディガード」の来日公演が、9月13日から10月6日には東急シアターオーブ、10月11日から20日には梅田芸術劇場 メインホールで行われる。来日公演のサポーターを務めるのは、映画コメンテーターのLiLiCoだ。

柚希礼音コメント

日本キャスト版のレイチェル役をさせていただくことになり、この映画が大好きで、素晴らしい楽曲を歌える喜びに震えております。また、ショー要素がたっぷり盛り込まれた作品は久々ですので、とても嬉しく思います。
そして、9月から始まる「ボディガード」来日版には、私が拝見した際、歌声に魅了されたアレクサンドラ・バークさんが出演されます。再びお目にかかれる事を楽しみにしております。
来日版からしっかりバトンを受け取り、作品の素晴らしさを伝えられるようカンパニーの皆さんと一丸となって精いっぱい頑張ります。

新妻聖子コメント

生まれて初めて買った洋楽のアルバムは映画「ボディーガード」のサウンドトラックでした。小学六年生の頃からこのアルバムを聴いて英語を学び、共に歌って勇気をもらってきました。産後の舞台復帰にこの作品とめぐり逢えたこと、運命を感じます。「何があってもステージには背を向けない」。彼女の信念通りに、高みを目指して皆様とこの公演を作り上げていけたらと思います。あの名曲の数々がミュージカルの舞台でどのように生まれ変わるのか、是非楽しみになさっていてください。まずは、日本キャスト版に先駆け上演される英国からの来日公演を、私も楽しみに待ちたいと思います!

大谷亮平コメント

世界中に多くのファンがいる作品「ボディーガード」にフランク・ファーマー役として初舞台を踏める事、まずこの縁と出会いに感謝したいと思います。
長期間の公演になりますがキャスト、スタッフの方々と一丸となって、公演の成功に向け、全身全霊をかけて取り組んで行く所存です。
9月から始まる来日公演も私自身とても楽しみにしていますし、多くの方々に映画とはまた違った「ボディーガード」の魅力を堪能して頂ければと思います。

ミュージカル「ボディガード」日本キャスト版公演

2020年3月19日(木)~29日(日)※予定
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

2020年4月3日(金)~19日(日)※予定
東京都 東急シアターオーブ

原作:ローレンス・カスダン作 ワーナー・ブラザーズ映画「ボディガード」
脚本:アレクサンダー・ディネラリス
出演:柚希礼音(Wキャスト) / 新妻聖子(Wキャスト)、大谷亮平 ほか

ミュージカル「ボディガード」来日公演

2019年9月13日(金)~10月6日(日)
東京都 東急シアターオーブ

2019年10月11日(金)~20日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

原作:ローレンス・カスダン作 ワーナー・ブラザーズ映画「ボディガード」
脚本:アレクサンダー・ディネラリス
演出:テア・シャロック
出演:アレクサンドラ・バーク(Wキャスト) / ジェンリー・シャロー(Wキャスト)、ブノワ・マレシャル ほか

アプリで読む