Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

英国フットボール発祥文化カジュアルズの黎明期描く「アウェイデイズ」10月公開

ナタリー

20/7/27(月) 18:00

「アウェイデイズ」

2009年にイギリスで公開された「アウェイデイズ」が、10月16日より日本初公開される。

ケヴィン・サンプソンの同名小説をもとにした本作は、1979年、イングランド北西部マージーサイド州バーケンヘッドで出会った2人の若者の姿を通して、英国フットボール発祥の文化・カジュアルズの黎明期を描く青春映画。

下級公務員として働く19歳のカーティは、ある日、悪名高いギャング集団・パックの一員であるエルヴィスと出会う。パックはピーターストームにフレッドペリー、ロイスのジーンズ、そしてアディダスのスニーカーを履いてスタジアムで常に問題を起こしていた。芸術や音楽、死について語り合える友人を待っていたエルヴィスは、カーティに夢中になっていく。しかしパックと付き合うことが危険であることを警告するも、カーティのパックへの憧れはエスカレート。危険な世界の扉を開いていく。パット・ホールデンが監督を務め、ニッキー・ベルがカーティ、リアム・ボイルがエルヴィスを演じた。

「アウェイデイズ」は、東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開。

(c)Copyright RED UNION FILMS 2008

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む