Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

市村正親

市村正親がつづる激動の“役者人生”、「役者ほど素敵な商売はない」刊行

ナタリー

19/11/29(金) 18:30

市村正親の自伝的エッセイ「役者ほど素敵な商売はない」が、2020年1月27日に新潮社より刊行される。

「演技とは、役を生きること」「僕の舞台遍歴、教えます」「素敵な演劇人と出会えて」「役者・市村正親はこう作られる」「僕はこんな舞台に立ってきた」の5章からなる本書には、劇団四季創立メンバー・浅利慶太との出会いから、「ウェストサイド物語」「コーラスライン」「オペラ座の怪人」などのオーディション秘話、蜷川幸雄との稽古場エピソードや本田美奈子.との絆など、46年におよぶ市村の役者人生がつづられる。価格は1650円。

アプリで読む