Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「二ノ国」ビジュアル

「二ノ国」製作総指揮・日野晃博がジブリとの関わり語る、映画化への強い思いも

ナタリー

19/8/9(金) 12:30

8月23日に公開を控える劇場アニメ「二ノ国」より、製作総指揮、原案、脚本の3役を務めた日野晃博のコメントが到着した。

日野はオリジナルであるゲームの制作中から「二ノ国」の映画化を目指していたという。ゲームはスタジオジブリが制作協力をしていることから、彼は「スタジオジブリと組んでファンタジーを作るからには、映画にしたいという思いは強かった」と述べ、ジブリとのコラボレーションを「スタッフを通じて友人関係のような形でつながっていったんです。鈴木敏夫さんとも、ビジネスとしてではなく普通に話をするようなところから始まった」と振り返る。

そして日野は「ジブリの雰囲気をまとった美しい世界感を持つ『二ノ国』を映画化しませんか?というお話をいただき、企画がスタートしたのです」と映画化に至ったきっかけを明かす。さらに「映画を作るなら、一定のクオリティ以上のしっかりした作品を作らないといけないんです。いろいろな意味で覚悟を決めていかないといけない。半端な作品にはできないという思いがありますからね」と本作に込めた思いを力強く語った。

百瀬義行が監督を担当した「二ノ国」は、もう1人の自分が存在する世界“二ノ国”に迷い込んでしまった高校生ユウとハルの姿を描く青春ファンタジー。山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、坂本真綾、梶裕貴、津田健次郎らが声のキャストに名を連ねた。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)2019 映画「二ノ国」製作委員会

アプリで読む