Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

木村伊兵衛『ミラボー橋,パリ,1955年』

木村伊兵衛が写したパリ 『木村伊兵衛 パリ残像』展にカラー写真約130点

CINRA.NET

18/10/24(水) 19:47

写真展『木村伊兵衛 パリ残像』が本日10月24日から東京・日本橋三越本店で開催されている。

1901年に東京下町の紐職人の家に生まれた写真家・木村伊兵衛。1950年に日本写真家協会初代会長に就任し、土門拳とともに「リアリズム写真運動」を推進した。1954年には日本人写真家として戦後初めてヨーロッパを取材。パリではアンリ・カルティエ=ブレッソン、ロベール・ドアノーら写真家とも交流し、当時開発されたばかりの国産カラーフィルムを手に、パリの町並みと下町の人々を撮影した。パリを写した木村のカラー写真は、半世紀を経て『アルル国際写真フェスティバル』や『パリ市庁舎写真展』などで紹介され、国際的な評価を受けた。

『木村伊兵衛 パリ残像』展ではパリを捉えた約130点のカラー写真を展示。会期中は同展を監修した写真家・田沼武能のギャラリートークも行なわれる。詳細は日本橋三越本店のオフィシャルサイトを確認しよう。

アプリで読む