Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

劇団民藝「泰山木の木の下で」出演者

丹野郁弓演出・日色ともゑ主演で新たに立ち上げる、劇団民藝「泰山木の木の下で」

ナタリー

19/10/27(日) 10:29

劇団民藝「泰山木の木の下で」が、12月6日から18日まで東京・三越劇場で上演される。

「泰山木の木の下で」は、劇作家・小山祐士が1962年に発表した戯曲。劇中では、瀬戸内海の小さな島を舞台に、9人の子供をすべて戦争と広島の原爆で亡くしたハナ婆さんと、彼女をある罪で逮捕しにきた木下刑事の物語が描かれる。ハナ婆さんを連行する木下刑事も、誰にも言えない苦悩を抱えていて……。

本作は1963年の初演以来、演出を宇野重吉、主人公のハナ婆さん役を北林谷栄が務め、劇団民藝で上演され続けてきた演目。今公演では演出を丹野郁弓、ハナ婆さん役を日色ともゑが新たに担当する。出演者には日色のほか、船坂博子、桜井明美、八木橋里紗、神保有輝美、佐々木郁美、松田史朗、千葉茂則、横島亘、天津民生、塩田泰久、吉田正朗、平野尚、大中耀洋、そして客演の淡谷幹彦が名を連ねた。

劇団民藝「泰山木の木の下で」

2019年12月6日(金)~18日(水)
東京都 三越劇場

作:小山祐士
演出:丹野郁弓
出演:日色ともゑ、船坂博子、桜井明美、八木橋里紗、神保有輝美、佐々木郁美 / 松田史朗、千葉茂則、横島亘、天津民生、塩田泰久、吉田正朗、平野尚、大中耀洋 / 淡谷幹彦

アプリで読む