Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

“ボーカルの掛け持ち”が築く鮮やかなキャリア 中嶋イッキュウ、村松拓らの活躍から考える

リアルサウンド

19/10/27(日) 8:00

 一人のボーカルが、バンドを掛け持ちする例が増えている。要は一つのバンドの活動だけでキャリアを積んでいくのではなく、あるタイミングで別プロジェクトを立ち上げたり参加したりする人が増えているという話だ。しかも、別プロジェクトで大きな成功を収めることで、主軸にあったバンドの活動もより活性化させる、そんなハイキャリアなバンドマンが出てきている。この記事では、そのような例にスポットを当てていきたい。

(関連:ジェニーハイはなぜ“自己紹介ソング”を歌う? 「ジェニーハイラプソディー」に見るバンドの強み

 最初に紹介したいのが、中嶋イッキュウだ。中嶋イッキュウはアグレッシブな変拍子と、硬派で鋭いバンドサウンドが魅力のtricotでギターボーカルを務めている。バンドサウンドが攻撃的である分、tricotで歌うときの中嶋イッキュウは、どこか張り詰めた空気を身にまとっている。低音と高音の使い分けをわかりやすく歌い、バンドサウンドのテンションと呼応させるかのような抑揚をつける。必要であれば、叫ぶように歌うこともある。その装いは、ロッカーシンガーのそれなのである。

 そんな中嶋イッキュウは、2018年になると、ジェニーハイという別プロジェクトに参加する。ジェニーハイでは、基本的には楽器は弾かないで、紅一点のボーカルとしてマイクだけを握る。ジェニーハイもtricotと同じく「バンド」という体裁を取っているが、鳴らしているサウンドはロックよりもポップに傾倒している。メンバーにキーボードがいるので、鍵盤楽器が印象的な歌も多いし、グッと音数を減らしてヒップホップの雰囲気を出している歌もある。当然、イッキュウの佇まいも変わる。端的に言えば、バンドマンというよりも、女性ソロアーティスト感が強くなっている。等身大でエモーショナルに歌い上げるイッキュウの姿は鳴りを潜め、キラキラとした歌声で、キャッチーなメロディを歌う。場合によっては、セリフにも似た節回しを歌うこともある。いずれにしてもtricotのみの活動時には見せなかった歌声を披露している。

 何よりも印象的なのは、ジェニーハイでの活動が、tricotの作品にも反映されているように感じるところだ。先日リリースされた『あふれる』は、tricotらしいキレのある変拍子が随所で披露されつつ、荒々しいギターの音は抑えられて、ジャケット同様に瑞々しさを感じる作品になっている。ボーカルの声を重ねることで柔らかさを演出しているし、tricotの作品としては珍しく、爽やかさを感じる仕上がりになっている。

 続いて紹介したいのが、ABSTRACT MASHというバンドのボーカルであり、現在はNothing’s Carved In Stoneのギターボーカルとしても活躍する村松拓である。ABSTRACT MASHは海外の乾いた空気を感じさせるような、カラッとしたギターロックが特徴である。村松のボーカルもそんなサウンドに似合う、ややハスキーがかったエモーショナルな歌声だ。

 Nothing’s Carved In StoneはABSTRACT MASHと比べると、キメを中心としたサウンドの細かさが際立つ。Nothing’s Carved In Stoneは他バンドでも活躍してきたプロフェッショナル集団でもあるため、各プレイヤーの演奏の個性が前面に出ているのだ。ギターリフはキレがあり、ベースは躍動的、ドラムはそんなバンドサウンドを巧みにまとめあげている。そして、そんなサウンドの中で村松の声が存在感を示しているわけだが、ABSTRACT MASHと比べると、表情豊かに、ややまろやかで甘い声が際立っているように感じる。

 2011年に村松拓の意向で、ABSTRACT MASHは一時的に活動休止を迎えたが、休止から7年が経ったタイミングで復活を遂げた。元々、この休止期間は各々のスキルを磨くうえで設定されたもの。最初からABSTRACT MASHへの還元が念頭にあったわけだ。まだ、活動再開してから1年ほどしか経っていないが、Nothing’s Carved In Stoneを通して様々なものを吸収した村松が、今後、ABSTRACT MASHのキャリアを大きく更新していくことだろう。

 このように、別プロジェクトで活躍することによって、その前から所属していたバンドにも良い作用が働き、そのバンドマンのキャリアが鮮やかになっていく、というケースが今後も増えていきそうだ。たとえば、赤飯はコロナナモレモモ(マキシマム ザ ホルモン2号店)のボーカルとしてキャリアを積み、それに伴い、メインの所属バンドであるオメでたい頭でなによりの存在感を強め、自身のキャリアを鮮やかなものにしていく可能性を秘めている。

 これまでも、ある程度のキャリアを積んだバンドマンが趣味性を強めた活動をするためにソロプロジェクトを始めることはあったが、それとはまったく違う意味合いでボーカルが複数のバンドに参加する動きが進んでいる。それぞれのバンド/プロジェクトが相互に影響を与え、一人のバンドマンが複数のバンド活動を通じてキャリアを更新していくパターンが増えてきたわけだ。バンドマンからすれば、あらゆる場で経験を重ねることで、一つのバンドの中では発見できなかった新たな可能性を見つけることにつながり、リスナーからすれば、そのバンドマンを、またその所属バンドのことを知るきっかけがより増えていくことになる。そういった相互作用が、ロックシーンを活性化し、より面白い音楽が生まれやすくなる環境を作っていくことになるかもしれない。(ロッキン・ライフの中の人)

アプリで読む