Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

草刈正雄と広瀬すずを繋ぐ開拓魂 『なつぞら』は“助け合い”を描き続ける

リアルサウンド

19/9/10(火) 12:15

 幼い頃に両親を亡くした泰樹(草刈正雄)は、親戚の農家の養子になった。ただ、「働かなけりゃ、ただの厄介者」ということもあり、18歳のときに彼は北海道に渡ってきた。原野を開墾し、自分の土地にするということを1人で成し遂げた泰樹。

 しかし当初入植していたのは十勝川のほとりで、ある時、川の氾濫で家も畑も牛舎も流されてしまうという経験をする。幸いにして家族と馬は助かり、今度は音問別にやってきた泰樹は、再び一から開墾していったのだった。

 『なつぞら』(NHK総合)第140話では、マコプロの一行が十勝の人々の暮らしを見聞する姿が描かれ、最初に詳しく取材した話が、この泰樹の開拓物語である。成功体験も数多くあると同時に、過酷な経験もたくさんしてきた泰樹。今よりもずっと昔から、彼は自分の力を振り絞って必死に生きてきた。ただそれと同時に、多くの人に支えられてきた人生でもあったのだ。開拓者にとって一番の心の支えは、やはり家族だったのかと、坂場(中川大志)から問われた際に、泰樹は次のように答えた。

「家族に限らんかもしれん。“誰もが支え合って”、それで開拓者は強くなったんじゃ」

 開拓は簡単にできることではない。しかし、誰もが支え合うことで、辛いとき、苦しいときにどうにか頑張ることができる。そして、それは開拓に限らず人生全般においても言えることなのだろう。仕事でも家庭でも、自分で汗を流しながらも、みんなが手と手を取り合うことができれば、きっと見える景色は素晴らしいものになっているはずなのだ。これまでの『なつぞら』では様々な登場人物たちのあり方が描かれて、そこには多くの場合、誰かと誰かの結びつき、助け合いが確かにあった。

 泰樹の話の後の場面で、富士子(松嶋菜々子)は「ここに来た頃のなつを、じいちゃんは自分と重ねて見てたんだね、きっと」と語っていたが、確かにその通りなのだろう。

 そして泰樹の話の他にも、様々なことを見聞きしていったマコプロの一行。菊介(音尾琢真)から実際に搾乳の仕方を体験させてもらったり、番長(板橋駿谷)とよっちゃん(富田望生)の夫婦から話を聞いたりして、次々と十勝の暮らしを学んでいった。今回の取材と体験をもとに、マコプロは一体どんな作品を作り上げるのだろうか? 大作が出来上がりそうな予感がする。(國重駿平)

アプリで読む