Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

朝ドラ『エール』第62話では、久志(山崎育三郎/山口太幹)が歌手を志した理由が明かされる

リアルサウンド

20/6/22(月) 8:15

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『エール』。6月23日放送の第62話は、幼き頃の久志(山口太幹)の物語。

 裕一(窪田正孝)が久志(山崎育三郎)にオーディションへの応募を勧めた第61話。第62話は、久志がなぜ歌の道に進むことになったのか、そのきっかけについての物語。学校ではクールに振る舞っている10歳の久志だったが、家では父の再婚で新しくやってきた母・玲子(黒川芽衣)になじむことができず、葛藤をかかえていた。担任の藤堂(森山直太朗)は、ある日クラスの皆で歌っているときに久志の歌の才能に気づいて、学芸会でその歌声を披露することを勧める。

 昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一とその妻・音の物語。主演の窪田正孝のほか、二階堂ふみ、中村蒼、山崎育三郎、野田洋次郎、古田新太、山口太幹、黒川芽以、森山直太朗らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む