Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「教誨師」メインビジュアル

草なぎ剛が大杉漣最後の主演作「教誨師」に「また一つ顔が増えましたね」

ナタリー

18/10/4(木) 7:00

大杉漣の最後の主演作「教誨師(きょうかいし)」に寄せた草なぎ剛、天海祐希、黒沢清のコメントが到着した。

2月21日に66歳で他界した大杉が初めてプロデュースを担当し、自ら主演も務めた本作。受刑者の心の救済に努め、彼らが改心するよう導く“教誨師“の主人公・佐伯が、教誨室という閉ざされた空間を舞台に、世代も境遇も異なる死刑囚6人と会話を繰り広げるさまが描かれる。死刑囚6人を玉置玲央(柿喰う客)、烏丸せつこ、五頭岳夫、小川登、古舘寛治、光石研が演じた。

草なぎは「こんなにも映画と、僕自身の距離が近く感じたのは初めてかも知れない。きっと、それは漣さんの心と牧師、佐伯保の心が重なり、本当の教誨師になっていたからだと思います」とコメントし、「300の顔をもつ男、“大杉漣”さんの顔がまた一つ、これからも増えましたね。ありがとう、漣さん」と大杉に感謝を述べた。また天海は「漣さんの、優しくも鋭い矢で心の真ん中を射られた気がした」と、黒沢は「凛とした俳優、いかにも何気ない俳優、得体のしれない俳優、見ていてほっとなる俳優。そして、それらの頂点に大杉漣がいる」と語っている。

「ランニング・オン・エンプティ」の佐向大が監督と脚本を担当した「教誨師」は、10月6日より東京・有楽町スバル座、池袋シネマ・ロサほか全国で順次公開。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀
※古舘寛治の舘は舎に官が正式表記

草なぎ剛 コメント

映画「教誨師」を見た夜、僕は珍しくなかなか寝付けませんでした。
“生”と“死”誰にでも共通して存在する事。
それはとてもシンプルな事なのに、何で人はうまく生きられないのか?
いつの間にか、僕も、薄暗い小さな面会室の中に入って、
死刑囚の方と一緒に、目の前の漣さんの話を聞いているかの様でした。
こんなにも映画と、僕自身の距離が近く感じたのは初めてかも知れない。
きっと、それは漣さんの心と牧師、佐伯保の心が重なり、
本当の教誨師になっていたからだと思います。
300の顔をもつ男、“大杉漣”さんの顔が
また一つ、これからも増えましたね。
ありがとう、漣さん。

天海祐希 コメント

漣さんの、優しくも鋭い矢で心の真ん中を射られた気がした。
真っ直ぐ、誠実な瞳で漣さんが見ていた事、
そして伝えたかった事が今、ここに残っている。
もう一度、漣さんに触れられた様な、そんな気がした。

黒沢清 コメント

日本映画の俳優はつくづく層が厚いなあと思った。
凛とした俳優、いかにも何気ない俳優、得体のしれない俳優、見ていてほっとなる俳優。
そして、それらの頂点に大杉漣がいる。

(c)「教誨師」members


アプリで読む