Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

鈴木杏&入山杏奈の生配信劇「魔女の夜」、蓬莱竜太作品を山本卓卓×ムーチョ村松で上演

ナタリー

21/1/20(水) 10:56

左から鈴木杏、入山杏奈。

鈴木杏とAKB48の入山杏奈が出演する「イマーシブ(=没入型)・4K・生配信劇『魔女の夜』」が、2月8日から13日まで東京・渋谷キャスト スペースで上演される。

“withコロナ時代”における新しい鑑賞環境サービス提供の効果測定を目的とした本企画では、4K・8Kといった高度映像配信プラットフォームを用い、新たな表現の場の可能性を探る。「魔女の夜」は蓬莱竜太が2010年に書き下ろした戯曲。今回は範宙遊泳の山本卓卓が演出、映像作家のムーチョ村松が映像を手がける。

劇中では深夜のアパートの一室を舞台に、女性2人の愛憎劇が展開。公演は東京・渋谷ヒカリエ ホールBにてライブ配信されるほか、2月13日には配信映像をパソコンやスマートフォンで鑑賞できるリモート配信、3月5日から8日までは、渋谷ヒカリエ ホールBにてアーカイブ上映も実施される。なお山本とムーチョは、実演会場、ライブ配信会場それぞれでクリエーションを行う。各チケットの販売は1月30日にスタート。

「イマーシブ(=没入型)・4K・生配信劇『魔女の夜』」

2021年2月8日(月)~13日(土)
東京都 渋谷キャスト スペース
※3月5日(金)~8日(月)に、東京都 渋谷ヒカリエ ホールBにてアーカイブ上映。

作:蓬莱竜太
演出:山本卓卓
映像:ムーチョ村松
出演:鈴木杏、入山杏奈

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む