Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

立川直樹のエンタテインメント探偵

ヴィスコンティの『山猫』は時空を超えた映画絵巻。コムアイも出演した映画『サタンジャワ』のライヴコンサートでは“夢幻”の空間が表出されていた!

隔週水曜

第29回

19/7/24(水)

 “極音上映”や“選ぶシリーズ”などユニークな企画を連発して支持者を増やしている立川シネマシティでの『山猫〈4K修復版〉』最終上映の最終日にあたる6月28日には上映前にミニトークをした後、186分に及ぶ本編を観たが、その素晴しさは圧倒的だった。ヴィスコンティに魅かれ、80年代の初めには篠山紀信さんと『ヴィスコンティの遺香』(小学館刊)という写真集も作り、ヴィスコンティ映画の音楽を何本も手がけているフランコ・マンニーノ氏を日本に呼んでコンサートもプロデュースしたほど、敬愛する人だが、チラシに載せてもらったコメント通り、『山猫』はヴィスコンティでなければ作ることのできない、時空を超えた映画絵巻だった。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む