Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「からっぽ」ポスタービジュアル

PFFアワード選出作「からっぽ」をポレポレで上映、落合モトキら登壇のトークも

ナタリー

18/12/19(水) 19:00

PFFアワード2018にてエンタテインメント賞を受賞した「からっぽ」が、12月22日から28日まで東京・ポレポレ東中野で上映される。

本作の主人公は、23歳のフリーター・渡良瀬まち。ある日彼女はアルバイト先の居酒屋で、自分をモデルに絵を描きたいと言う画家・岡崎由人と出会う。その夜、由人がスケッチした自分の絵に心奪われるまち。2人は一緒に暮らし始め、由人はまちへのクリスマスプレゼントとして絵を完成させようと意気込む。しかし、キャンバスの中の自分に対して徐々に違和感を覚えていくまち。数日後、まちの前に芸術専門のライター・糸川洋が現れ、絵の完成が間近となったクリスマスイブに事態は急転する。

初日の12月22日と最終日の28日には、監督の野村奈央のほか、キャストの打越梨子、カワチカツアキ、須田暁が舞台挨拶に登壇。24日には芸人の金属バット、25日には俳優の落合モトキ、26日にはミュージシャンのジョニー大蔵大臣(水中、それは苦しい)が登壇して野村とトークを行う。チケットは当日券のみで、開館時間の9時40分より劇場窓口で販売。

(c)NaoNomura

アプリで読む