Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

モダンタイムスがSMAを退所、フリー芸人として川崎の24時間配信を再開

ナタリー

モダンタイムス。左からとしみつ、川崎誠。

モダンタイムスが所属事務所・SMAを退所した。

小学校からの同級生であるとしみつと川崎誠が結成したモダンタイムス。独自の発想力を生かしたネタで知られ、近年ではマヂカルラブリー野田の“師匠”としてスポットが当たることも多い。

モダンタイムスは今年5月、川崎の生活を24時間365日配信し続ける企画「かわさんの部屋」をマヂラブ野田による出資のもとでスタートさせたが、事務所が同企画のマネジメントを行うのが難しいなどの理由で一時中断。「かわさんの部屋」を再開させるべく、モダンタイムスは16年間所属していたSMAを退所する決断を下した。この詳細はYouTubeにアップされた動画「This is LIVEMAN 【かわさんの部屋】」で説明されている。

2人は今後、フリーの芸人として活動。としみつは「この度、我々モダンタイムスは16年間お世話になりましたSMAを退社し、フリー芸人になりました。心機一転、頑張りたいと思います」、川崎は「SMA大好きですわ」とTwitterで思いを綴っている。

アプリで読む