Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「爆音映画祭 2019 特集タイ | イサーン VOL.3」メインビジュアル

爆音映画祭タイ特集の上映作品8本が決定、富田克也の監督作も

ナタリー

19/1/9(水) 22:00

1月25日から27日にかけて東京の東京都写真美術館ホールにて開催される「爆音映画祭 2019 特集タイ | イサーン VOL.3」の上映作品が決定した。

タイ・イサーン地方をテーマにした同映画祭でスクリーンにかけられるのは8本。タイの歌姫プムプワン・ドゥワンチャンの伝記映画「ザ・ムーン」、カンボジアンロックの歴史に迫ったドキュメンタリー「カンボジアの失われたロックンロール」、カンボジア系アメリカ人の女性がクメール・ルージュ以前と以降の家族のルーツを紐解いていく「音楽とともに生きて」が上映される。

また、第12回大阪アジアン映画祭でスペシャル・メンションを獲得した「暗くなるまでには」、過去の「爆音映画祭 特集タイ | イサーン」で上映された「モンラック・メーナム・ムーン」「花草女王」なども上映。「モンラック・メーナム・ムーン」の音楽を担当したスリン・パークシリが来日してトークショーを行う。

さらに、Young-G(stillichimiya)がカンボジア・プノンペンの音楽レーベル“KlapYaHandz”を訪ねる様子を、「バンコクナイツ」の監督・富田克也が記録した「ラップ・イン・プノンペン 長い予告編」が上映されることも決まった。

爆音映画祭 2019 特集タイ | イサーン VOL.3

2019年1月25日(金)~27日(日)東京都 東京都写真美術館ホール
<上映作品>
「ザ・ムーン」
「暗くなるまでには」
「カンボジアの失われたロックンロール」
「ラップ・イン・プノンペン 長い予告編」
「東北タイの子」
「モンラック・メーナム・ムーン」
「花草女王」

アプリで読む