Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「殺さない彼と死なない彼女」公開直前イベントの様子。左からゆうたろう、箭内夢菜、桜井日奈子、堀田真由、奥華子、小林啓一。

「殺カレ死カノ」桜井日奈子らが奥華子の生歌唱に感激「控えめに言って最高…」

ナタリー

19/11/7(木) 19:33

「殺さない彼と死なない彼女」の公開直前イベントが本日11月7日に東京・スペースFS汐留にて開催され、キャストの桜井日奈子、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、監督の小林啓一が登壇した。

世紀末による4コママンガを実写化した本作。「殺す」が口癖の少年・小坂れいを間宮祥太朗、“優しい死にたがり”の少女・鹿野ななを桜井が演じた。本編上映後に行われたこの日のイベント。MCが「泣いてしまった人?」と問いかけると客席からは次々に手が上がり、キャストたちは人数の多さに「おおー!」と驚いた様子を見せる。すでに試写会での反応をチェックしているという桜井は、「自分のことはエゴサしないんですけど、この作品の感想は調べています(笑)。全部自然光で撮っているので、皆さんが日常で過ごしている空気感に近くて入り込みやすかったんじゃないかなって」と客席に語りかける。

堀田は「キャラクターそれぞれに人間味があって、本当に生きているなと感じるところが揺さぶられる理由なのかなと思います」と分析。普段は本をまったく読まないものの原作マンガは一気に読んだという箭内は、「自分でも本を読んで泣くんだと思って。マンガと映画で別の感じ方をするかもしれませんが、観てくださった方が気付いたら涙が出ているという形になっていると思います」と述べる。ゆうたろうは「試写会で『ううっ!』と何回もこらえました」と告白し「すごく観る人に寄り添ってくれる作品だと思うので、そういう部分に共感してくれて涙を流してくれたのかも」と続けた。

イベントでは観客とのQ&Aも実施され、お気に入りのセリフやラストシーンに関する質問などが登壇者にぶつけられた。そして、スペシャルゲストとして本作の音楽と主題歌「はなびら」を手がけた奥華子が登場。奥はもともと原作のファンだったそうで「これはもう運命だ!という感じで、自分の力をすべてこの作品で使わせていただいて。今はもうからっぽになりました(笑)」と挨拶する。「はなびら」の生披露に移ると、キャストたちは「楽しみ!」「間宮くんもったいない!」と言いながら降壇し、観客とともに奥の力強くも優しい歌声に聴き惚れた。

歌唱が終わり、目をうるませながらステージに戻ったキャストたち。桜井が「控えめに言って最高です……! 映画のストーリーを思い浮かべながら聴いていると、一言一句無駄のない歌詞だなあって。すべてが胸に刺さる歌でした」と感動を伝えると、奥は「すごくうれしいです」と笑顔を見せる。最後に桜井は「今日はもう、奥さんの生歌を聴けただけで皆さんグッときていると思います。皆さんの感想が聞けたり、私たちにとってもとても特別な時間となりました」と客席に感謝を述べ、イベントの幕を引いた。

「殺さない彼と死なない彼女」は11月15日より東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

(c)2019映画「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

アプリで読む