Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『edenworks 10th anniversary exhibition 「WHAT REMAINS IN FUTURE?」』メインビジュアル

「edenworks」篠崎恵美の10周年企画 渋谷PARCOのCOMINGSOONほかで開催

CINRA.NET

19/11/28(木) 19:00

イベント『edenworks 10th anniversary exhibition 「WHAT REMAINS IN FUTURE?」』が、11月29日から東京・渋谷のCOMINGSOON、東京・表参道ROCKET、東京・代々木上原のPLANT by edenworksの3か所で同時開催される。

同イベントは、花の可能性を広げるクリエイションを発信する篠崎恵美による「edenworks」の活動10周年記念企画。edenworksが現在、過去、未来の視点から花を表現する。

10月にオープンした「植物・工場」の2つの意味を持つコンセプトショップPLANT by edenworksでは、edenworksの「現在」の取り組みである、生花をドライフラワーに加工する過程をインスタレーション形式で発表。来場者は生花を持参するとインスタレーションに参加することもできる。

表参道ROCKETでは、edenworksの原点である生花販売ショップ「edenworks bedroom」を再現し、生花作品や生花アレンジを販売するほか、edenworksの「過去」10年間の活動の記録を映像で紹介する。

11月22日に東京・渋谷PARCOにオープンした「食」のポップアップギャラリーCOMINGSOONでは、edenworksのクリエイションのテーマである「WHAT REMAINS IN FUTURE?」という問いに対し、edenworksが考える10年後の「未来」の可能性をファッションと食で表現。品質管理のため販売できなくなった折れた花や傷が付いた花、落ちてしまった花びらなどを棄てたくないという思いから生まれたedenworksのプロダクト『Flower Down Piece』を使用し、ファッションデザイナー江幡晃四郎とコラボレーションした作品を展示する。

また、丸山智博と原太一が参加し、レストランでの廃棄食材を使った「棄てないスープ」を販売するほか、漢方薬局「杉本薬局」三代目の杉本格朗による、柿のヘタやザクロの皮など、普段棄ててしまう部分を使った漢方のワークショップ、飾って飲めるティーブランド「Have a Herbal Harvest」による、商品に使用できず棄ててしまうオーガニックハーブを使用したソイキャンドルの販売、ティーブレンドイベントも開催予定だ。

3会場を巡るスタンプラリーに参加した人には「芽が出て花が咲く、その後の未来も想像してほしい」という願いを込めて、花の球根をプレゼントするとのこと。

アプリで読む