Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46と欅坂46、『ベストヒット歌謡祭』で発信したメッセージ 昨年のパフォーマンスを振り返る

リアルサウンド

19/11/13(水) 7:00

 毎年恒例の『ベストヒット歌謡祭2019』(読売テレビ・日本テレビ系)が本日19時から放送される。坂道シリーズからは乃木坂46、欅坂46、日向坂46の3グループが出演。各グループの歌唱曲は、乃木坂46が「Sing Out!」、日向坂46が「キュン」、そして欅坂46は記事執筆時点でまだ公開されていない。欅坂46は9thシングルの発売が決定してから長いこと詳細がベールに包まれたまま動きがないため、ファンは新曲の発表を首を長くして待っている状況だ。また、この時期から大晦日の『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)まで各局の音楽特番が立て込み、各グループは怒涛のスケジュールを迎えることになる。今回の放送はまさにその”初陣”。2019年のラストスパートをどのように進めていくのかという意味でも注目の一夜である。

(関連:【ライブ写真】乃木坂46

 それではここで、昨年の『ベストヒット歌謡祭2018』での坂道シリーズのパフォーマンスを振り返っておこう。乃木坂46は22枚目のシングル「帰り道は遠回りしたくなる」を披露した。彼女たちは昨年の年末を、非常に意味のある期間として過ごしたことが放送から読み取れる。

 カメラは最初、上手側からやってくる西野七瀬の”脚”だけを映す。この時点でまだ視聴者は、この曲がどんな曲かも、どんなの意味を持つのかも分からない。しかし、カメラに映るその”脚”の軽やかな動きには、どこか決意にも似た強い意志が宿っているように感じられた。カメラがステージを見渡す俯瞰位置に切り替わり、ステージ後方から他のメンバーがゆっくりと合流していく様子が映し出される。それはまるで、仲間の下した決断をメンバー全員で後押しするかのようだ。メンバーらが綺麗な二等辺三角形のフォーメーションを組むのとほぼ同じタイミングでセンター西野がこちらへ振り向き、”脚”の正体が彼女だったことが明かされる。ストリングスの高らかな音色が響き渡り、全メンバーが爽やかに腕を広げる。と同時に、画面右上にテロップで”絶対的エース・西野七瀬の卒業ソング”が表示。この瞬間、視聴者ははじめてこの曲の、そしてこのグループにとってこの年の年末がどういった意味を持つのかを悟るのだ。歌い出しは〈好きだった… この場所…〉。終始優しく包み込むようなメンバーたちの表情は、卒業を決めた彼女にも、あるいは、これから新しい世界へ飛び込もうとしているテレビの向こう側の視聴者にも向けられていた。

 一方で、欅坂46は7枚目のシングル曲「アンビバレント」を披露した。この日はスケジュールの都合で4名が欠席。空いた席を埋めるようにしてけやき坂46(現・日向坂46)から4名が参加し、”欅坂46×けやき坂46 史上初のコラボ”が実現した。

 いま思えば、このメンバー補充にも似たコラボレーションは、この曲のテーマが”集団から離れたい/離れたくない”といったグループ活動におけるメンバーの内面の葛藤を描いたものだとしたとき、数カ月後に改名しデビューするけやき坂46の4名を含んだことで、両グループにとっても重要な意味を持っていたと考えられる。けやき坂46が1stアルバム『走り出す瞬間』をリリースし、姉分的存在の欅坂46から徐々に分離していったこの年。欅坂46から独立するその寸前を捉えた貴重な一夜だったと見ると、この日のパフォーマンスは幾ばくか深みが増すだろう。

 カメラは上方から、メンバーらが小さく踞ってひとつに固まっている状態を捉えて始まる。スカートを揺らす仕草から気持ちの”揺らぎ”が伝わる。やがてひとつだったグループが、腕や身体を大きく広げたことで散らばり、画面いっぱいに”自由さ”や”解放感”が充満する。あちこちでふらついていたり、奇妙な動きの連続で、一見この楽曲には掴み辛さがある。しかし、サビでは一転して全員揃っての切れ味鋭いダンスを見せ、センター平手友梨奈のスカートをフロント4名(けやき坂46から2名)が激しく引っ張ったり、逆にそれを平手が力強く振り払ったりする。そこから伝わるのは、グループという名のある種の”鎖”に縛り付けられる個人のもがきや苦しみだ。ラストの大サビ〈一人になりたい/なりたくない〉、カメラはここで、はじめてメンバーの顔を認識できる速度で(と言っていいほどそれまでが目まぐるしいカット割りで)それぞれの表情を映し出していく。必死に食らい付いている者もいれば、笑顔を見せる者もいる。グループ活動から一旦離れていた平手。平手不在の中、グループを支え続けたメンバーたち。さらに、徐々に一人立ちしようとしている妹グループ。そうしたそれぞれの立場や内面を炙り出すかのようなカメラワークを経て、この年の年末を始めていた。

 異なる世界観を表現していた乃木坂46と欅坂46の両グループのパフォーマンスだが、どちらも集団の中で成長する個人の自立を描いた作品だと考えれば、両者の根底にあるものはそう遠くない。好きだったグループから離れるメンバーの決意、一人になりたい・なりたくないと集団との距離感に悩むメンバーたちの苦悩。それぞれ描き方は異なれど、伝えたいメッセージや届けたい相手は、決して相容れないものではないだろう。

 今年の年末の坂道グループからは、いったいどんなパフォーマンスが見られるのか。まずは今夜の”初陣”から見定めよう。(荻原 梓)

アプリで読む