Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

今市隆二

今市隆二、メキシコでびっくり「包んであればなんでもタコス」

ナタリー

19/10/30(水) 22:52

第32回東京国際映画祭内のオムニバス映画「その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-」特別上映が、本日10月30日に東京・EXシアター六本木で行われ、Q&Aのコーナーに今市隆二(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)と監督の松永大司が登壇した。

「その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-」は、EXILE HIRO、別所哲也、作詞家・小竹正人によるコラボプロジェクトの第3弾。今市は短編「On The Way」で、メキシコ移民をサポートするNPO法人に所属する母の代わりに、仕方なくメキシコにやってきた男性・健太を演じ、俳優デビューを果たした。

初挑戦の演技について聞かれた今市は「クランクインするときには演技のレッスンを受けてから撮影に臨みたかったのですが、監督に相談したところ『何もしないでくれ』と言われて。レッスンも受けずにメキシコに入りました」と明かす。また以前行われた舞台挨拶では初めての撮影で20テイク撮り直したと話していたが、本日の取材の中で実際は30テイクだったことを知ったと笑った。

今市との最初の撮影について、松永は「テイクを重ねることで、今市隆二という人間が健太という役に同化していったと思う」と延べ、「芝居でOKが出ないことで頭が真っ白になったり、ふがいなさを感じたり、いろんな責任を隆二は感じたと思う。それが健太自身が抱えている、誰にも言えない苦しみとたぶんリンクしていたはず。だからわざとテイクを重ねたわけではないけれど、その時間を超えたからこそ、隆二がメキシコで健太という門をくぐった。そこからは、演技も本当によくなりました」と彼の役者としての成長があったことを明かした。

観客からのQ&Aコーナーでは、当てられたファンが「『○○でさ』とか『◯◯でね』いうセリフの言い回しが自然だったので、アドリブかなと思ったのですけど……」と質問しながら感極まって涙するシーンも。そんなファンの質問に今市は「監督に『言葉尻は隆二のやりたいようにやって』と言っていただけたので、ナチュラルな自分らしさが出たんじゃないかと思います」と優しい笑顔で答えた。また現地で気に入ったメキシコグルメを聞かれた今市はタコスを挙げ、「やっぱりメキシコの本場の味を味わいたいと思ってすごく楽しみにしていた。日本のタコスはメキシコではスタンダードではなくて、包んであればなんでもタコス。だから中身が違ってもタコスで、その違いにびっくりしました」と語った。

「その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-」は11月8日に全国公開。今市と松永のほか、AKIRA、小林直己、佐野玲於、佐藤大樹、三池崇史、行定勲、洞内広樹、井上博貴が参加している。

(c)2019 CINEMA FIGHTERS project

アプリで読む