Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

男子学生感、フレッシュさ、ダンス……『オランジーナ100』Web動画でみせたTravis Japanらしさ

リアルサウンド

19/10/14(月) 7:00

 Travis Japanが出演する『オランジーナ100』のWeb動画第二弾が、10月2日に公開された。タイトルは「食レポチャレンジ」編。オランジーナ100を飲んだメンバーたちが1人ずつ食レポにチャレンジし、フランス人女性・クロエ(カーリー)からツッコミを受けるという内容。第一弾の「朝から青春」編では、俳優・小手伸也と共演し、ミュージカル調に青春の1ページを表現していたドラマチックな展開だったが、一方の今回はバラエティ番組風。どちらのパターンもTravis Japanらしさが表現されている。そこで今回は『オランジーナ100』Web動画内で見られる「Travis Japanらしさ」について具体的に考えてみたい。

(関連:SixTONES 髙地、Travis Japan 川島、七五三掛……番組レギュラーで活躍するジャニーズJr.

■親近感の湧く男子学生感
 「朝から青春」編の舞台は高校。ストレートに男子学生感が味わえたが、「食レポチャレンジ」編でもその雰囲気は健在だ。一人ずつセット中央のお立ち台でオランジーナ100を飲んで食レポをするものの、クロエから「意味分かりません」、「CMっぽすぎて面白くない」、「……(無言)」、「中身がない」などことごとく辛辣なツッコミをされてしまう。食レポにチャレンジしているメンバー以外は後ろに座ってその様子を見ているのだが、そのワチャワチャ感がたまらない。Travis JapanはジャニーズJr.チャンネルにアップしている動画内でも、メンバー同士の仲の良さが際立っているグループだ。例えば10月10日に更新された「【意外に難解】味覚だけで料理名を当てろ!」でも、誰かがおかしい発言をすると全員がクスクス笑い出し、ワイワイ楽しそうな雰囲気がこちらにも伝わってくる。そんな雰囲気が、オランジーナ100のWeb動画内にも盛り込まれているのである。思わずにっこりしてしまう彼らの男子高校生感に注目だ。

■オランジーナ100とも通ずるフレッシュさ
 オランジーナ100の売りは、果汁を100%使用した爽やかさ。それを体現するかのように、演者であるTravis Japanの7人にもフレッシュさがある。「こなれ感」を出しすぎていないし、斜に構えた感じもない。それに、ジャニーズJr.として、Travis Japanとしての活動を本人たちが楽しみながら行なっているように感じる。「朝から青春」編の裏側が映された動画「【初CM】なぜか学生服姿…タイムスリップでダンス !!」の中でも、「楽しみたいなぁって思います」(松田元太)、「7人で仕事できるってことが一番嬉しいことだから1日頑張りたいと思います」(七五三掛龍也)とコメントしている。移動中のバスの中や撮影の待機時間も、7人で無邪気に楽しんでおり、初々しさが感じられる。このナチュラルに楽しむ姿が、彼らのフレッシュさに繋がっているのではないだろうか。この先もTravis Japanの武器として、フレッシュさを磨き続けていってほしい。

■キレのあるダンス
 彼らの大きな武器のひとつが、キレのあるダンスだ。フレッシュさがありつつも芸歴が長いメンバーが揃っているため、そのスキルは確かなものだ。一番長い川島如恵留で12年、一番短い松井元太でも8年以上、ジャニーズ事務所で経験を積んできている。だからこそ、Web動画の見どころの一つでもあるダンスシーンもきっちり作り上げることができている。「朝から青春」編はいつもと勝手が違うダンスだったが、修正を繰り返しながらTake9で成功。「食レポチャレンジ」編でも動画の最後にはジャニーズらしいダンスを披露し、最後の決めポーズもバッチリ決まっていた。短い時間でも、彼らのダンススキルはしっかり発揮されている。

 11月からは主演舞台『虎者 ーNINJAPANー』がスタートするTravis Japan。才能あふれる若いメンバーたちが、徐々に知名度を上げて人気者になっていく様子をしっかりキャッチし続けたい。(高橋梓)

アプリで読む